更新日:2022年2月23日

ここから本文です。

FUJISAN FILM FES.2022 について

FUJISAN FILM FES.2022(ショートムービーコンテスト)

FFFロゴマーク

FUJISAN FILM FES とは

  • 富士山を大切にする思いを広げるショートムービーコンテストです。(主催:山梨県・静岡県)
  • 全国からオリジナル動画作品を募集しています!!
  • FUJISAN FILM FES.2022の特別審査員は、映画監督の柿崎ゆうじ氏です。

        【参考】FUJISAN FILM FES.2022募集チラシ(PDF:2,753KB)

 テーマ:「富士山と旅」

  • 旅を通して、富士山の魅力や富士山への思いを表現した作品を募集します。
  • テーマに即して作成した30秒以内のオリジナル映像作品をご応募ください。
  • 富士山そのものだけでなく、ご当地富士、富士塚、富士山グッズ、富士山の形等、表現素材は自由です。

受賞作品公開! ※特別審査員による講評コメントも後日掲載いたします。

 グランプリ受賞作品 「旅で出会った 普遍的な美」

 fff2022-01

※画像をクリックすると、動画再生ページにジャンプします。 

  • 作者

宮野寛子

  • 作者コメント

古くから富士山は信仰と芸術の対象とされてきました。時空を超えて私たちの魂の中に生き続けています。

富士山を望み、自然の中で奏でられる音楽、それは普遍的な美を感じる旅でもありました。

  • 特別審査員メッセージ

時代や国を越える普遍的な美さを魅せてくれる富士山を、普遍的で堅実な映像と編集で観せてくれる作品
富士山、人、芸術、文化の融合が素晴らしく、旅の期待感を高揚させてくれる。

 準グランプリ受賞作品 「故郷」

 fff2022-02

 ※画像をクリックすると、動画再生ページにジャンプします。 

  • 作者

u_films

  • 作者コメント

久しぶりに地元静岡に帰省した際に見た富士山があまりに美しく、絶景スポットを巡って動画に残しておきました。

この作品は故郷を巡った時の想いを富士の絶景に乗せて制作しました。

幼い頃からあたりまえに見ていた景色も、県外に就職して静岡を離れたことによりその美しさに改めて気付かされました。

この映像を見たどこかの誰かに響いてくれたら嬉しいです。

  • 特別審査員メッセージ

映像の中での明暗の使い方が素晴らしい。アングルとカットの動きや繋がりが心地よく観てる人の視点の描写がリアル
富士山と故郷をかけたのも日本人の旅心をくすぐる作品。

 審査員特別賞受賞作品 「山梨と静岡楽しいぞ!」

 fff2022-03

 ※画像をクリックすると、動画再生ページにジャンプします。 

  • 作者

るりこ

  • 作者コメント

山梨県出身の私にとって、富士山はとても身近な存在。

中でも、映像に出てくるこの二箇所は山梨、静岡を旅する人にオススメしたい富士山のビュースポットです。

魚市場を巡ったり、山梨の名物ほうとうを食べたり、旅っぽいところも映像に入れたかったのですが、やっぱり富士山をしっかり見て欲しかったので、いろんなものをそぎ落として制作しました。

「行ってみたい!」と思ってくれると嬉しいです。

  • 特別審査員メッセージ

映像における最新の技術と、王道の絵作りが融合された作品
ややテレビ的ではあるが、誰もが好感を持つ明るさや輝きが映像に溢れていて旅の期待感が重なる。

 

外部リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1316   ファクス番号:055(223)1438

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について