トップ > 組織から探す > 営繕課 > 令和2年度から実施する入札契約制度について

更新日:2020年6月11日

ここから本文です。

令和2年度から実施する入札契約制度について

1.設計業務委託等に総合評価落札方式を試行

・令和元年6月の品確法改正を踏まえ、入札制度の一層の透明化、公平性を確保するため、1千万円以上の設計業務委託について一般競争入札総合評価落札方式を試行することとしました。
・詳細については、次の資料を参照してください。

建築設計コンサルタント業務における総合評価落札方式の試行について(PDF:155KB)

総合評価落札方式に関する情報(サイト内ページ)

2.設計業務委託等に最低制限価格を導入

・設計委託業務等(工事監理委託、耐震診断業務委託なども含む)について、ダンピング受注を防止し、適正な品質確保に向けて最低制限価格の設定・運用を拡大しました。
・予定価格1千万円以上の業務委託が対象でしたが、全ての指名競争入札を対象としました。

令和2年度の入札契約制度の改正について(サイト内ページ)

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部営繕課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1400   ファクス番号:055(223)1405

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について