トップ > 組織から探す > 山梨の文化財ガイド(データベース)登録有形文化財

更新日:2016年3月17日

ここから本文です。

 「山梨の文化財ガイド」 登録有形文化財(建造物)

 

「山梨の文化財ガイド」ホームへ

 

TY0072

国登録 有形文化財(建造物)

いさご屋旅館(主屋)

主屋(玄関は入母屋造、各窓には刎高欄の手すり)

いさご屋旅館(2階大広間)

2階大広間(船底天井が採用)

  • いさご屋旅館(いさごやりょかん)

平成28年2月25日登録

所在地 身延町身延3696

所有者又は管理者 個人

 

いさご屋旅館は日蓮宗の総本山、身延山久遠寺へと続く細い東谷参道の入口に位置し、身延でも数少なくなった旅館の1軒である。昭和15年(1940)に前身の建物が火事に遭い、その後すぐに再建するため、富士宮(静岡県)にあった木造3階の遊郭建築を移築してきたと伝えられる。移築した当時、富士宮御殿と呼ばれ、増築されて現在の現状となった。

木造3階建、入母屋造平入(いりもやづくりひらいり)で、入母屋の玄関を設け、2、3階の各窓には高欄(はねこうらん)の手すりを設けている。2階は南側に船底天井が採用された56畳の大広間と客室があり、3階には客室を並べている。

内観の特徴的な装飾として、ヒノキ1枚板の階段踏板や、客間には各々異なる図柄の細工が施された欄間、寄木(よせぎ)網代天井(あじろてんじょう)など趣向を凝らしている。

久遠寺の参道沿いにある旅館で、入母屋造の玄関や刎高欄の手すりを設けた外観などが古刹(こさつ)の門前に風情を醸しだしている

 

 

 

 

 

このページのトップへ

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部文化振興・文化財課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

広告スペース

広告掲載について