トップ > 組織から探す > 県教育委員会の組織(課室等) > 埋蔵文化財センター_遺跡トピックNo.0489百々遺跡の炭焼き窯跡

更新日:2018年12月4日

ここから本文です。

遺跡トピックスNo.0489百々遺跡の炭焼き窯跡

南アルプス市の遺跡

〔番号〕〔遺跡名〕-〔テーマ〕-〔トップページ掲載期間〕

0006十五所遺跡-方形周溝墓-2005年6月22日~2005年6月29日

0449十五所遺跡-主体部のある方形周溝墓-2016年9月28日~2016年10月11日

0010大師東丹保遺跡-網代-2005年7月20日~2005年7月27日

0108大師東丹保遺跡-遺跡から発見された地震のツメ跡-2007年8月23日~2007年8月28日

0149大師東丹保遺跡-木製品-2008年7月16日~2008年7月23日

0200大師東丹保遺跡-出土した種子は何?-2009年8月5日~2009年8月11日

0259大師東丹保遺跡-下駄-2010年10月14日~2010年10月20日

0287大師東丹保遺跡-扇子の骨組-2011年5月19日~2011年5月25日

0357大師東丹保遺跡-洪水に埋もれた中期古墳-2012年10月10日~2012年10月24日

0392大師東丹保遺跡-地震痕のある遺跡-2014年3月14日~2014年5月14日

0017二本柳遺跡-木棺墓-2005年9月7日~2005年9月13日

0122二本柳遺跡-福寿院跡-2007年12月12日~2007年12月25日

0164二本柳遺跡出土の擂鉢-2008年10月30日~2008年11月4日

0276二本柳遺跡-火きり臼-2011年2月9日~2011年2月16日

0023宮沢中村遺跡-昆虫・網代-2005年10月19日~2005年10月26日

0051仲田遺跡-田んぼ-2006年6月8日~2006年6月14日

0052百々遺跡-八稜鏡-2006年6月14日~2006年6月21日

0065百々遺跡-錘-2006年9月20日~2006年9月26日

0066百々遺跡-馬の骨-2006年9月26日~2006年10月10日

0101百々遺跡-洪水の跡-2007年6月27日~2007年7月3日

0136百々遺跡-浄瓶-2008年4月9日~2008年4月16日

0172百々遺跡-平安時代の住居跡-2008年12月24日~2009年1月14日

0269百々遺跡-黒色土器-2010年12月22日~2010年12月27日

0274百々遺跡-古代のウシ・ウマ-2011年1月26日~2011年2月1日

0468百々遺跡-土層の剥ぎ取り-2017年8月2日~2017年8月16日

0077善応寺遺跡-祭祀の水場-2006年12月27日~2007年1月10日

0081油田遺跡-田んぼと木製品-2007年1月31日~2007年2月7日

0144油田遺跡-木製竪杵-2008年6月12日~2008年6月18日

0231油田遺跡-体験学習用の復元品-2010年3月31日~2010年4月6日

0084堤防遺跡No.23-堤防の内部-2007年2月21日~2007年2月28日

0409釜無川堤防跡遺跡-2015年1月16日~2015年2月12日

0105石橋北屋敷遺跡-道路跡・区画溝-2007年8月2日~2007年8月8日

0106村前東A遺跡-パレススタイルの壺-2007年8月8日~2007年8月15日

0241村前東A遺跡-手焙形土器-2010年6月9日~2010年6月15日

0250村前東A遺跡-住居跡-2010年8月11日~2010年8月17日

0286村前東A遺跡-S字甕-2011年5月11日~2011年5月18日

0139宮沢中村遺跡-茶碗の焼継ぎ-2008年5月7日~2008年5月13日

0163大塚遺跡-約1,700年前の家の跡-2008年10月22日~2008年10月30日

0168新居道下遺跡の住居跡-2008年11月26日~2008年12月3日

0216長田口遺跡の鏡片-2009年11月25日~2009年12月1日

0340向河原遺跡-水田跡と杭列-2012年5月30日~2012年6月6日

0478壱番下堤跡-釜無川釜無川沿岸の治水跡-2018年4月18日~

百々遺跡とは

山梨県南アルプス市(旧中巨摩郡白根町)にある百々〔どうどう〕遺跡は、平安時代の大集落が発見された遺跡です。百々遺跡のある御勅使川〔みだいがわ〕扇状地中央部は、度重なる御勅使川の洪水によって地中には砂や石が厚く堆積しているために、本来あった遺跡も流されてしまったのではないかと考えられていました。しかし、一般国道52号(甲西バイパス道路)・中部横断自動車道の建設工事に先立って埋蔵文化財の存在を調査したところ工事予定地内に大規模な平安時代の集落が埋没していることが明らかになりました。このため、平成11年度から12年度までの2年にわたり南北840mの範囲を調査した結果、平安時代の竪穴住居跡251軒を発見しました。

所在地:山梨県南アルプス市百々
時代:平安時代
報告書:山梨県埋蔵文化財センター調査報告書第201・212・213・231
調査機関:山梨県埋蔵文化財センター

百々遺跡の炭焼き窯跡

炭焼き窯跡は百々遺跡の3-2区という場所から発見されました。南北に細長い形をしており、特に北側では一段細くなっています。規模は長さが約8.4m、幅が約2.4m、深さが約0.9mです。窯跡の中の土には炭が大量に含まれていました。しかし、通常炭焼き窯は山の近くに作られるもので、百々遺跡のような平野部に作られることは考えられず、発掘調査時には何の遺構か判断ができませんでした。なので、発掘調査報告書には、その平面の形が舟の形に似ていることから「舟形土坑」として掲載されています。
その後、百々遺跡周辺の野牛島・西ノ久保遺跡で5基、立石下遺跡で3基の炭焼き窯跡が発見され、その形状が百々遺跡の「舟形土坑」に類似していることから、百々遺跡のものも炭焼き窯跡であることがわかってきました。

立石遺跡窯跡百々遺跡窯
〔写真左〕立石下遺跡の炭焼き窯跡〔写真右〕百々遺跡の炭焼き窯跡
※掘り残してある部分は、遺構の埋まり方を見るためのものです。

炭焼き窯で焼かれた炭は、当時とても貴重なもので、年貢として朝廷に納められていました。また、集落の中で使用するクワやカマなどの農耕具を修理する小鍛治にも炭は欠かせないものでした。

また、百々遺跡の炭焼き窯跡からは、模様のついた鹿角製根付け状製品や常滑焼きの大甕が出土しています。これらは、窯を廃棄する際に行われた何らかの儀式に使われたものと考えられます。
常滑大甕鹿角根付

〔写真左〕常滑焼きの大甕〔写真右〕鹿角製根付け状製品

次の遺跡トピックスへ遺跡トピックス一覧へ一つ前の遺跡トピックスへ

山梨県埋蔵文化財センタートップページへ

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について