トップ > 組織から探す > 福祉保健部 > 子育て支援課 > 子育て世帯臨時特例給付金について

更新日:2015年2月23日

ここから本文です。

子育て世帯臨時特例給付金について

平成26年度子育て世帯臨時特例給付金については、山梨県内全ての市町村で申請受付を終了しました。

平成27年度子育て世帯臨時特例給付金については、こちら ↓ をご覧ください。

 

 

厚生労働省ホームページ「子育て世帯臨時特例給付金」へのリンク

厚生労働省ホームべージ「2つの給付金」へのリンク

 

子育て世帯臨時特例給付金とは(平成26年度)

平成26年4月から消費税が8%へ引き上げられましたが、子育て世帯への影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。

また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。

 

支給対象者

基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。

対象児童

支給対象者の平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の対象となる児童を基本とします。ただし、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)の対象者及び生活保護の被保護者等は対象外です。

給付額

対象児童1人につき 1万円

申請手続

支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行います。

申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、支給対象者に対して支給を行います。

受付開始日等は市町村によって異なります。こちらから、または各市町村のホームページや広報等でご確認ください。

 

「子育て世帯臨時特例給付金」をよそおった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」や「子育て世帯臨時特例給付金」に関して、

●県、市町村、厚生労働省などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

●ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

●県、市町村、厚生労働省などが「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」や「子育て世帯臨時特例給付金」を支給するために、手数料の振込を求めることは絶対にありません。

 

ご自宅や職場などに県、市町村、厚生労働省(の職員)などをかたった電話がかかってきたり、郵便が届いたら、迷わず最寄りの警察署(または警察相談専用電話(♯9110))やお住まいの市町村にご連絡ください。

 

厚生労働省ホームページ「「臨時福祉給付金(簡素な給付措置)」や「子育て世帯臨時特例給付金」の「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください」へのリンク

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部子育て支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1459   ファクス番号:055(223)1475

広告スペース

広告掲載について