トップ > 組織から探す > 福祉保健部 > 子育て支援課 > やまなし子育て応援事業

更新日:2017年5月30日

ここから本文です。

やまなし子育て応援事業

応援事業ロゴ

内容

山梨県では、第2子以降の保育料について、3歳になるまでの間、無料化することでみなさまの子育てを応援します!

image(PDF:354KB)

ご案内PDF(PDF:354KB)

対象児童(次の要件を全て満たした子ども)

  1. 0・1・2歳児のうち、保育が必要な3号認定の子ども
    (認定は市町村)
  2. 世帯の第2子以降の子ども
    (生計を同一にする第1子がいること)
  3. 国基準の第5階層までの世帯の子ども
    (世帯の市町村民税所得割課税額が169,000円未満。世帯の年収約640万円未満相当)

Q&A

Q「生計を同一にする」とは、どういうことですか?

(回答)具体例として

  • いっしょに生活をし、生活費が親といっしょ
  • 別々に住んでいるけれど、生活費を仕送りしている
  • 入院しているけれど、療養費を払っている

などが挙げられます。

 

Q「第2子以降」とありますが、まず第1子って制限がありますか?

(回答)基本的には、生計を同一にしている世帯の子どもの最年長者をいいます。

 

Q養子の場合は対象となりますか。

(回答)養子であるかどうかは関係ありませんので、養父母等と生計を同一にしているか等で判断されます。

 

Q具体的に保育料はどうなるのでしょうか。

(回答)例:国基準第5階層で、15歳(中学生)、1歳(保育所)、0歳(保育所)のきょうだいがいる世帯の、月の保育料44,500円(国基準額)は次のとおりとなります。

15歳の子

第1子とカウント

1歳の子

第2子とカウント

(やまなし子育て応援事業により、保育料44,500円が0円

0歳の子

第3子とカウント

(国減免制度により、保育料44,500円→22,250円)

(やまなし子育て応援事業により、保育料22,250円が0円)

詳しくはお住まいの市町村へ

保育料徴収についての詳しい御案内は、お住まいの市町村保育担当課のホームページをご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部子育て支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1456   ファクス番号:055(223)1475

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について