更新日:2016年10月17日

ここから本文です。

富士山世界遺産センター

  • 山梨県では、世界遺産富士山の顕著な普遍的価値に関する情報発信及び、その保存管理の中心的な役割を担う「山梨県立富士山世界遺産センター」を2016年6月22日に開館しました。

富士山世界遺産センターホームページ(クリックすると外部ページにリンクします)

富士山世界遺産センター

 

  • 開館記念式典の様子を動画でご覧ください。

 

 

 

  

1.所在地

山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1

2.施設規模

  • 敷地面積:約27,600平方メートル
  • 延床面積

南館(富士山世界遺産センター棟)1,498.61平方メートル 一部2階建て

北館(富士ビジターセンター棟) 1,670.72平方メートル 2階建て

渡り廊下 82.67平方メートル

合計 3,252.00平方メートル

  • 諸室構成

南館:展示室、図書・資料室、多目的ホール、会議室 ほか

(展示面積824.49平方メートル)

北館:インフォメーション(JNTO認定外国人観光案内所カテゴリー2)、展示室(ハイビジョンスクリーン、自然コーナー、世界遺産ガイダンスコーナー、イベントスペース)、研修室、レストラン、売店 ほか

(展示面積470平方メートル)

  • その他:自然観察路

3.富士山世界遺産センター顧問・所長

山梨県立富士山世界遺産センターの顧問・所長について

4.シンボルマーク

山梨県立富士山世界遺産センターのシンボルマークは佐藤卓デザイン事務所に依頼して制作しました。

 

山梨県立富士山世界遺産センターシンボルマーク1

山梨県立富士山世界遺産センターシンボルマーク2

富士山世界遺産センターシンボルマーク1

富士山世界遺産センターシンボルマーク2

商標登録第5776547号

 佐藤卓さんのコメントです。

「うかびあがる富士」 佐藤 卓
 山梨県富士山世界遺産センターのシンボルマークのコンセプトは「うかびあがる富士」です。
富士山は、形の美しさだけではなく、二十五の構成資産により世界遺産に登録されました。
その優雅な姿の背景に、多くの貴重な文化遺産が潜んでいます。
この施設は、正にこの豊かな構成資産を知っていただくことにより、眺めるだけでは分からない富士山の本当の姿を、心に浮かびあがらせてくれるところです。
ゆえにシンボルマークは、富士山そのものを表現するのではなく、太陽を背景にそのシルエットをうかびあがらせました。
映像表現においては、太陽の色が刻々と変化し、同時に富士のシルエットの印象が移り変わります。
そしてシルエットの裾野にあたるところに、二十五の構成資産を表すポイントを付けた結界をあしらいました。
このようにこのシンボルマークは、一番奥に太陽。その手前の富士。そしてさらに手前の結界という具合に、奥行きをもったひとつの景色になっています。

5.シンボル絵画

山口晃画伯による世界遺産センターシンボル絵画の制作について 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1316   ファクス番号:055(223)1781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について