更新日:2021年8月26日

ここから本文です。

断面試料作製装置

名称 断面試料作製装置
メーカー ライカマイクロシステムズ株式会社
型式 ターゲット断面試料作製システム EM TXP
概要 断面試料作製装置は、ねらった位置の断面を精度よく加工できる装置です。一台で試料の切断、研削や研磨ができ、樹脂埋め込み不要、加工状況を確認しながら断面作製ができる、といった特長もあります。多数の層が積層された電子部品の断面や、プラスチック、金属中の微小な介在物・異物などを観察・分析する場合には観察・分析しようとする位置を正確にねらい、断面作製を行うことが重要になります。このような場合に断面試料作製装置を用いると、効率よく、精度よく断面を作製することができます。

断面試料作製装置紹介パネル(PDF:766KB)

仕様

●観察しながら、切断・研削・研磨が可能

●観察倍率:9.1x~147x(対物0.8)

●保持可能な試料サイズ:直径3~8mmの丸棒、厚さ3~8mmの平板
(推奨試料サイズは幅10mm、厚さ3mm程度)

●最大研磨面積:60mm2

分類 試料調整機器
導入年度 平成28年度
補助事業名 平成28年度公設工業試験研究所等における機械等設備拡充補助事業(公益財団法人JKA)
装置写真

断面試料作製装置

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 担当:機械電子技術部(富士吉田市下吉田6-16-2)
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:0555(22)2100   ファクス番号:0555(23)6671

広告スペース

広告掲載について