二拠点居住、テストベッド誘致情報を提供するサイト

Contact us

更新日:2021年6月14日

山梨県の取組・支援策

ここから本文です。

二拠点居住、移住・定住の推進に関連する支援策をご紹介します。

山梨県サテライトオフィス等お試し体験事業費補助金

本県への進出に関心を有する法人に対して、本県に滞在しサテお試し補助金ライトオフィス等を活用したテレワークなどを行いながら生活するお試し体験を支援することにより、本件の優れた環境を体験し、地域を理解する機会を提供することで企業移転等へとつなげていくことを目的としています。

詳細は下記ページでご確認ください。

 

公立小学校1年生に25人学級編成を導入

25人学級

都道府県としては、全国初めての取り組みとなる公立小学校の1年生について、1クラスの人数が原則25人以下となる少人数学級がスタートしました。

山梨県では、一人一人の児童生徒に対応したきめ細やかな指導の充実を目指し、国に先駆けて少人数教育を導入してきました。現在、すべての学年において、県独自の学級編成基準により少人数教育を推進しており、学習と生活の両面にわたりきめ細かな指導の充実を図っています。

詳細は、下記ページでご確認ください。

一人一人に寄り添った学級づくりやきめ細やかな指導を推進しています

 

やまなし二拠点居住推進戦略

二拠点居住推進戦略概要二拠点居住の推進につきまして、市町村や関係団体等とも連携しながら更なる推進を図るため、「やまなし二拠点居住推進戦略」として取りまとめを行いました。

この戦略は、二拠点居住推進のための基本的な考え方や令和2年度実施及び令和3年度実施予定の施策・事業について取りまとめたものです。詳細は下記ページでご確認ください。

 

山梨県産業集積促進助成金

山梨県産業集積促進助成金山梨県内に自己資金で新たにオフィス等を設置した場合、および賃借で新たにオフィス等を設置した場合に、建物(社宅を含む)、機械設備等の投資経費及び賃借料、通信回線使用料、住宅手当の一部を助成する制度です。詳細は下記ページでご確認ください。

 

ワーケーションモデル事業費補助金

ウィズコロナ時代の新たな働き方であるワーケーションの受け入れ環境を整備するため、観光関係団体、宿泊施設事業者、キャンプ場事業者が行う備品購入及び施設改修等に要する経費の一部をモデル事業として補助します。詳細は下記ページでご確認ください。

 

空き家活用ビジネスの普及・促進

空き家活用ビジネスの普及・促進山梨県で空き家活用ビジネスを検討している事業者向けの相談窓口を設置するとともに、地方創生型(地域課題解決・地域活性化等に貢献するもの)の空き家活用事業を認定する「やまなし創生官民連携空き家活用事業認定」制度を創設し、空き家情報の提供、空き家所有者向けの改修費補助等を実施します。詳細は下記ページでご確認ください。

 

自然保育導入推進事業

未来を担う子どもたちが、本県の豊かな自然や地域資源を活用した体験活動を行い、自らを大切に思う気持ちや他者を思いやる心、郷土を愛する心をはぐくみ、健やかに成長できる社会の構築を目指すため、自然保育の導入を推進しています。

 

病児病後児保育事業

病児病後児保育事業子育てと仕事の両立を支援するため、平成30年4月より、県内のどこに住んでいても、県内全ての病児・病後児保育施設を自由に利用できるようになりました。

 

やまなし子育て応援事業(第2子以降3歳未満児保育料無料)

やまなし子育て応援事業満3歳の誕生日以降最初の3月31日までの間、第2子以降の保育料を無料化することで、皆様の子育てを支援しています。