ここから本文です。

展示

人物館では、概ね明治時代から戦前までの間に、幅広い分野で活躍した50人の人物を選定。人物紹介室では、テーマごとに9人ずつ詳しく紹介していきます。テーマは半年ごとに変え、展示替えを行います。

開催中の展示

第十回展示『近代文学に足跡を残した人々ー県立文学館開館30周年ー』2019年10月1日~2020年3月28日

山梨近代人物館では、「近代文学に足跡を残した人々ー県立文学館開館30年ー」をテーマに、第10回展示を開催します。

本県ゆかりの文学者を紹介する山梨県立文学館は、2019年に開館30周年を迎えます。これを記念して、山梨とゆかりの深い文学者の足跡をたどります。皆さまのご来館をお待ちしております。

第10回展示展示室

第十回展示『近代文学に足跡を残した人々ー県立文学館開館30周年ー』開催案内(PDF:3,135KB)

第十回展示『近代文学に足跡を残した人々ー県立文学館開館30周年ー』リーフレット(PDF:3,330KB)

○展示期間:2019年10月1日(火曜日)~2020年3月28日(土曜日)

○紹介人物

樋口一葉、村岡花子、望月百合子、小川正子、中村星湖、飯田蛇笏、大村主計、永峯秀樹、浅川伯教

赤毛のアン

日本で初めて翻訳、紹介された村岡花子訳『赤毛のアン』(1952年5月 三笠書房)(山梨県立文学館蔵)

少年行

懸賞長編小説の一等に当選した中村星湖「少年行」の原稿(山梨県立文学蔵館)

アラビアンナイト

永峯秀樹が訳したアラビアン・ナイトの翻訳本『暴夜物語』の挿絵(山梨県立博物館蔵)

過去の展示

雨宮敬次郎、小野金六、河西豊太郎、小林一三、田辺七六、根津嘉一郎、早川徳次、堀内良平、若尾逸平

高野正誠、石橋湛山、浅川巧、浅川伯教、杉浦譲、永峯秀樹、埴原正直、村岡花子、望月百合子

土屋龍憲、杉浦健造、内藤満寿、藤村紫朗、塚本定右衛門、内藤伝右衛門、富岡敬明、ポール・ラッシュ、功刀亀内

 野口正章、渡辺青洲、大村主計、飯田蛇笏、小宮山清三、近藤浩一路、三枝雲岱、中村星湖、樋口一葉

小田切謙明、田辺有栄、名取忠愛、野口英夫、山中共古、伊藤うた、近藤喜則、塚原等、八巻九萬

八田達也、石橋湛山、小林一三、栗原信近、名取雅樹、根津嘉一郎、早川徳次、小川正子、内藤多仲

高野正誠、土屋龍憲、内藤満寿、内藤伝右衛門、藤村紫朗、杉浦譲、永峯秀樹、富岡敬明、塚本定右衛門

若尾逸平、雨宮敬次郎、小林一三、河西豊太郎、根津嘉一郎、早川徳次、堀内良平、小野金六、栗原信近

 若尾逸平、小田切謙明、小宮山清三、野口正章、名取雅樹、名取忠愛、杉浦譲、伊藤うた、山中共古

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る