更新日:2020年3月31日

ここから本文です。

やまなし花き振興計画について

策定の目的

県の花きは、日本一の日照時間と夏期冷涼な高冷地を有するなどの恵まれた気侯条件や、大消費地に近い立地条件を活かし、洋ラン、シクラメンなどの施設鉢花やバラなどの切り花、花壇苗などが生産される産地を形成してきました。

 しかし、花きの消費低迷や生産コストの増大、担い手の高齢化、輸入品の増加などにより、近年その生産額は減少傾向にあります。

 このような中で、県では、平成28年3月に、「やまなし花き振興計画」を策定し、花き産地の強化や県産花きの販売促進、県民への花き文化の普及などに取り組んできました。

 また、県では、令和元年度に、農業者の更なる所得向上と農山村の活性化に向け、重点的に取り組む施策や具体的な数値目標などを示した「やまなし農業基本計画」(令和元年~4年)を策定しました。

花きにおいても、需要や環境の変化に対応し、その生産振興と花きを活用した農山村の活性化に向け、目指すべき目標や、重点的に取り組む施策等を見直し、花き振興計画を改定することとしました。

計画の位置付けと期間

「やまなし花き振興計画」(以下「本計画」という。)は、令和元年度から令和4年度までを計画期間とする「やまなし農業基本計画」の花きの部門計画と位置付けます。

本計画は、「花き振興に関する法律」(平成26年法律第102号)に規定する「都道府県花き産業及び花きの文化の振興に関する計画」として位置付けます。

本計画の計画期間は、令和元(2019)年度から令和4(2022)年度までの4年間としました。 

計画の構成と内容

第1章 改定の基本的な考え方
1改定の趣旨
2画の位置付けと期間

第2章花本県花き生産の現状及び花き産業をとりまく環境の変化
1本県花き生産の現状
2家・農業者の現状
3売流通の現状

第3章県花き産業の目指すべき姿
1指すべき姿
2

第4章 アクションプラン(今後4年間の取り組みの方向)
1需要に応じた花きの生産強化
2県産花きのPRと販路の拡大
3花き産地の活性化と県産花きの新たな利用の拡大

第5章域別重点推進事項

第6章主要品目の推進事項
洋ラン、鉢花、県オリジナル花き、切り花、苗物類

やまなし花き振興計画(PDF:3,039KB)

根拠法令等へのリンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部食糧花き水産課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1610   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について