トップ > 医療・健康・福祉 > 障害福祉 > 障害福祉施策 > 介護職員等によるたんの吸引等(第三号/特定の者対象)について > 介護職員等によるたんの吸引等(第三号/特定の者対象)の登録申請について

更新日:2017年3月6日

ここから本文です。

介護職員等によるたんの吸引等(第三号/特定の者対象)の登録申請について

介護職員等の従事者及び所属する事業所が喀痰吸引等業務を行うには、県に申請し従事者の認定と事業所の登録を受ける必要があります。

〈参考資料〉

従事者の認定証交付について

第三号(特定の者対象)研修修了者の認定申請

実地研修を修了された方は、下記の申請書類に添付書類を添えて障害福祉課施設支援担当まで申請してください。本県では、認定証とあわせて実地研修修了証明書を発行します。県外の研修機関で受講された方については、認定証のみ交付しますので実地研修修了証明書の写しを添えて申請をしてください。

〈申請に必要な書類〉

  • 認定特定行為業務従事者認定証交付申請書様式5-2(ワード:61KB)
  • 誓約書様式5-3(ワード:41KB)
  • 実地研修修了証明書の写し※県外の研修機関で修了した方のみ
  • 住民票(写しでも可)※個人番号(マイナンバー)が入っていないものを添付してください。

変更届について

すでに登録喀痰吸引等事業者として登録されている事業所において、新たに認定証を取得した職員が業務にあたる場合、「登録特定行為等業務従事者の名簿」を変更が必要です。下記の変更届と更新した名簿をご提出ください。※認定証の申請と同時にお送りいただいても構いません。

従事者の認定内容変更・再交付申請・認定辞退について

認定証の内容に変更が生じましたら、下記の書類を障害福祉課施設支援担当までご提出ください。

〈申請様式〉

登録喀痰吸引等事業者の登録について

「認定特定行為業務従事者」の認定を受けた介護職員等が、喀痰吸引等の行為を行うためには、事業所の登録(「登録特定行為事業者」の申請)が必要になります。また、平成27年度以降において、「介護福祉士」が喀痰吸引等の行為を行うためには、事業所等が「登録喀痰吸引事業者」の登録をしている必要があります。

第三号研修の修了者のみで事業者登録する場合は、障害福祉課施設支援担当にて申請を受け付けています。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1463   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について