更新日:2015年6月3日

ここから本文です。

富士吉田試験園

富士吉田試験園は標高の高い富士北麓に位置するという特性を活かし、亜高山帯林の 管理技術の確立など、自然保護に関する試験研究を行っています。また同時に、富士北麓 における林木育種事業、試験研究に伴う採種園、見本林、原種保存林、次代検定林、苗畑、実験林などの管理を行っています。このほかに富士北麓地方における森林・林業 に関する 技術相談、情報提供も行っています。

yoshida-2 hatake5

富士スバルライン関連の研究について

富士スバルラインは富士山の自然植生の中を通る道路として開設されましたが、この沿線に及ぼすインパクトを最小限に押さえ自然環境を保全することにより、来訪者がすばらしい自然環境をいつまでも堪能できることが求められています。そのための生態的復元や保全を目指す上で、スバルライン沿線の植生や林分構造が現在どのような状況にあって、どのような遷移過程 をたどるかを調査しておくことは今後の森林管理の上からも欠かすことができません。これらのことを明らかにした上で、富士山における生態的な修景緑化や森林管理・保全の方法の開発を目指しています。

subaru2 subaru1

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林総合研究所 
住所:〒400-0502 南巨摩郡富士川町最勝寺2290-1
電話番号:0556(22)8001   ファクス番号:0556(22)8002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について