トップ > しごと・産業 > 農業・水産業 > 内水面漁業 > 外来魚(オオクチバス、コクチバス、ブルーギル)の密放流防止について > オオクチバス、ブルーギルの再放流(リリース)禁止(平成26年~)

更新日:2014年1月8日

ここから本文です。

オオクチバス、ブルーギルの再放流(リリース)禁止(平成26年~)

委員会指示

オオクチバス及びブルーギルの資源は、在来の生息魚を保全するため抑制する必要があるとして、オオクチバス及びブルーギルのリリースを禁止する山梨県内水面漁場管理委員会指示が平成18年4月1日から平成25年12月31日までの期間で出されていました。

この指示の期限が切れることから、委員会で協議した結果、平成26年1月1日から平成35年12月31日までの期間で同様の指示を出すことに決定しました。

 

山梨県内水面漁場管理委員会指示第3号

漁業法(昭和24年法律第267号)第67条第1項及び第130条第4項の規定により、水産動植物の保護を図るため、山梨県内で採捕されたオオクチバス及びブルーギルの取扱いを次のとおり制限する。

平成25年12月26日

山梨県内水面漁場管理委員会

会長 平山 公明

  • 一 指示の内容
    山梨県内においてオオクチバス及びブルーギルを採捕した者は、当該魚種を採捕した河川湖沼にこれを再び放してはならない。ただし、公的機関が試験研究に供する場合は、この限りではない。
  • 二 指示の区域
    山梨県内の公共用水面。ただしオオクチバスの場合に限り、山中湖、河口湖、西湖を除く。
  • 三 指示の期間
    平成26年1月1日から平成35年12月31日まで

このページに関するお問い合わせ先

山梨県内水面漁場管理委員会  担当:事務局(花き農水産課水産担当)
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1614   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について