更新日:2017年5月30日

ここから本文です。

まいぶん用語集_た行_手焙形土器(てあぶりがたどき)

索引

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

鉢の上部に覆いをかぶせたような形をしていてその形が、炭を入れて手をあぶるために使われる「手炙・手焙(てあぶり)」と呼ばれる小型の火鉢に似ていることから手焙形土器と名前がつけられました。

弥生時代後期から古墳時代前期に出現する土器で、火鉢のように土器の中に炭を入れたり、火をともしたりといった使用方法が想定されますが、遺跡から出土する手焙形土器には、内側に煤(すす)が付くなどの炭や火を使用した痕跡が見られないので、実際にどのような使われ方をしたのかはわかっていませんが、祭祀具ではないかと考えられています。

 

手焙形土器1

村前東A遺跡(南アルプス市十五所十日市場)から出土した手焙形土器

 

関連遺跡トピックス→No.0241

用語集トップに戻る山梨県埋蔵文化財センタートップに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部埋蔵文化財センター 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3016   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について