更新日:2023年1月17日

ここから本文です。

令和4年度インターンシップ・職場体験

県立考古博物館では、中学生の職場体験(職業体験・就業体験)や高校生のインターンシップを山梨県埋蔵文化財センターと協同して実施しております。

令和4年度は、感染予防対策を実施しながら、中学校5校9名を受け入れました。

インターンシップ・職場体験実施校

学校名

学年・人数

実施日

早川町立早川中学校

2学年・1名

令和4年7月6日

私立山梨英和中学校

3学年・1名

令和4年8月2日

甲斐市立竜王北中学校

2学年・4名

令和4年8月11日、12日

甲府市立笛南中学校

2学年・2名

令和4年8月17日、18日

ニューライフインターナショナルスクール

3学年・1名

令和4年8月27日、28日

体験内容

考古博物館での体験

画像:イベント接遇の様子

画像:発掘体験準備作業の様子

画像:配布物準備の様子

考古博物館では館内の施設(展示室、収蔵庫、古墳などの野外展示等)を見学した後、展示解説やイベントの準備・運営等の仕事を体験していただきました。

施設の見学では展示物をじっくりと観察し、職員の説明に対して積極的に質問しながら熱心に見学していました。展示解説では事前に何度も展示室へ足を運んで解説内容をまとめ、来館者からの質問に対して自分なりの考えをまとめて答えるなど、前向きに取り組む姿勢が印象的でした。また、今年度の職場体験は夏休み中の実施だったため、夏休みイベントの準備作業や接客なども体験していただきました。今回の職場体験を通して昔の文化を知る大切さを学び、仕事のやりがいを感じ取っているようでした。

体験していただいた仕事

  • 展示解説
    (解説の準備・練習、来館者への展示解説)
  • 夏休みイベントの準備・運営補助
    (使用する物品の準備、参加者の受付、体験の補助など)

埋蔵文化財センターでの体験

画像:拓本採取作業の様子1

画像:拓本採取作業の様子2

画像:拓本採取作業の様子3

埋蔵文化財センターでは所内を見学した後、県内の遺跡から出土した遺物の整理作業を体験していただきました。

整理作業では発掘現場の土が付いた土器を洗浄する作業をはじめ、出土地などの情報を書き込む注記や土器片同士をつなぎ合わせる接合の作業、土器の文様を紙に写し取る拓本採取などを体験していただきました。どの作業でも実際の遺物に触れながらじっくりと観察したり、職員の話を興味深く聞いたりしながら、集中して作業に取り組んでいました。今回の体験を通して、博物館に資料が展示されるまでの課程を知り、働くことの大変さや達成感を感じ取っているようでした。

体験していただいた仕事

  • 考古資料の整理作業
    (遺跡から出土した土器の洗浄、注記、接合、拓本採取)

 

考古博物館と埋蔵文化財センターでは、2023(令和5)年度もインターンシップ・職場体験を実施する予定です。当館のイベント等の開催状況などと踏まえ、可能な限りご要望にお応えいたしますので、まずはご相談ください。

考古博物館と埋蔵文化財センターには、様々な業務があり、その日によって体験できる仕事内容が異なるため、体験実施日ごとに体験していただく内容が異なります。

詳しくはインターンシップ・職場体験のご案内をご確認の上、当館・学芸課までお問い合わせください。

お申込み・お問合せ

県立考古博物館・学芸課

〒400-1508山梨県甲府市下曽根町923(GoogleMap

電話:055-266-3881
FAX:055-266-3882

受付時間:午前8時30分~午後5時
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について