トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > 風土記の丘研修センター > ものづくり教室「チャレンジ博物館」 > チャレンジ博物館第2回「縄文風の陶器づくりにチャレンジ」

更新日:2022年4月27日

ここから本文です。

チャレンジ博物館第2回「縄文風の陶器づくりにチャレンジ」

県立考古博物館では月に1回程度、小・中学生の親子を対象としたものづくり教室「チャレンジ博物館」を開催しております。

今年度第2回のものづくり教室は、縄文風の陶器作りにチャレンジします。

画像:縄文風陶器とマスコットの制作例
縄文風の陶器の制作例
画像を拡大(JPG:689KB)

画像:縄文風陶器の制作例
縄文風の陶器の制作例
画像を拡大(JPG:922KB)

山梨県は縄文王国と呼ばれるほど沢山の縄文時代の遺跡があり、各地の遺跡からは美しい文様や装飾が施された縄文土器が数多く出土しています。いずれの縄文土器も個性豊かな形や文様・装飾を持ち、土器を作り、使った人々の思いや願いが伝わってきそうなものばかりです。

画像:殿林遺跡出土・深鉢形土器
殿林遺跡(甲州市)出土・深鉢形土器
重要文化財・当館所蔵

画像:天神遺跡出土・深鉢形土器
天神遺跡(北杜市)出土・深鉢形土器
当館所蔵

今回のものづくり教室は、陶器の歴史的背景や縄文土器・土偶を中心とした縄文時代についての学習していただくとともに、縄文土器をイメージして作る実用的な陶器作りを体験していただきます。

画像:輪積みの様子
輪積みによる成形の様子

画像:施文具を使った模様付けの様子
施文具を使った文様付けの様子

作品はお皿やお碗、マグカップなど、お好きな形や大きさで作れます。(ただし焼成窯に収まる大きさに限ります)また、余った粘土で箸置きなどの小物を作ることもできます。この機会にぜひ、親子で本格的な陶器作りにチャレンジしてみませんか?

なお、作品は2週間程度乾燥させた後、当館職員が焼成して完成となりますので、当日はお持ち帰りいただけません。完成品のお渡しについては当日にご案内いたします。

皆様の参加お申込みをお待ちしております。

参加者(来館者)の皆様へ

新型コロナウイルスの感染防止のため、入館前の検温や体調確認等の感染防止対策へのご協力をお願いしております。ご来館前に必ず次のページをご確認いただくとともに、感染予防にご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

ものづくり教室のご案内

開催日時

令和4年6月5日(日曜日)

午前の部:午前9時30分~正午
午後の部:午後1時30分~4時

会場

風土記の丘研修センター(甲府市下向山町1271)

会場は考古博物館ではありません。会場への経路は地図(GoogleMap)を参考にご来場ください。なお、考古博物館と風土記の丘研修センターを結ぶ曽根丘陵公園内の道路は管理道につき、一般の車両は通行できません。(徒歩での通行は可能です)

対象・定員

午前の部・午後の部ともに、小・中学生の子ども8名とその保護者(子どもの合計が16名)

参加費

無料

お申込み方法

参加には事前にお申込みが必要です。

風土記の丘研修センターへお電話またはご来館の上、お申込みください。

令和4年5月5日(木曜日)~19日(木曜日)の間、お申込みを承ります。

お申込みが定員を超えた場合、抽選にて参加者を決定させていただきます。また、抽選結果の通知は当選者への連絡をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

お申込み・お問合せ

風土記の丘研修センター(考古博物館付属施設)

電話:055-266-5286
FAX:055-266-5287

受付時間:午前8時30分~午後5時
休館日:毎週月曜日

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

ものづくり教室の詳細は、考古博物館付属施設・風土記の丘研修センター(電話:055-266-5286)にお問い合わせください。

広告スペース

広告掲載について