トップ > 県政情報・統計 > 相談窓口 > 山梨県行政苦情審査員制度

更新日:2020年6月12日

ここから本文です。

山梨県行政苦情審査員制度

苦情を申し立てできる人は・・・

県の行政に対して自分の利害に係わる苦情を持つ人であれば、だれでも申し立てできます。

申し立てができる苦情は・・・

  • 県の機関で行っている業務に関すること
  • それに係わる職員の行為に関すること
  • 事実のあった日から1年以内のもの

申し立てができない苦情は・・・

  • 判決などにより確定したもの
  • 裁判で係争中のものや不服申し立てを行っているもの
  • 職員の勤務条件や身分に関するもの
  • 行政苦情審査員や行政相談スタッフの行為に関するもの

苦情の申し立て方法は・・・

「苦情申立書」に必要な事項を記入し県民相談センター内行政苦情審査員事務局に直接持参するかまたは郵送して下さい。

申し立てられた苦情の処理は・・・

  • 行政苦情審査員が県の担当部署や関係機関に対し調査を行います。
  • 調査の結果は、行政苦情審査員から直接申立人にお知らせします。
  • 県の業務の執行方法や制度そのものについて改善が必要であると認めるときは、行政苦情審査員が県に対して意見表明をします。
  • 意見表明をしたときは、その内容を公表します。(個人のプライバシーには配慮します。)

申立書の用紙

申立書の用紙は、下記からダウンロードが行えます。

また、県民相談センターにありますので御利用下さい。

苦情申立書(PDF:12KB)

 

要綱・様式等

山梨県行政苦情審査員設置要綱(PDF:142KB)

山梨県行政苦情審査員事務取扱要領(PDF:101KB)

要領様式第1号から様式第10号(PDF:133KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部県民生活センター 
住所:〒400-0035 甲府市飯田1-1-20 山梨県JA会館 5階
電話番号:055(223)1366   ファクス番号:055(223)1368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について