更新日:2019年3月27日

ここから本文です。

景観形成支援事業補助金

県では景観形成の支援について、平成23年度から平成27年度までは「景観形成モデル事業」を実施し、平成26年度から平成30年度までは「世界文化遺産景観形成支援事業」の補助制度を設けています。

景観形成モデル事業

  • 事業期間:平成23年度から平成27年度
  • 対象地域:世界文化遺産景観形成支援事業の対象地域以外の地域
  • 趣旨:

景観形成の具体的な取り組みの推進を図るため、景観形成をモデル的に推進する地区において、市町村が実施する修景事業に要する経費、又は住民が実施する修景事業に対し市町村が補助する経費のうち、予算の範囲内において補助金を交付します。

景観形成モデル事業費補助金交付要綱(PDF:218KB)

  • 実施一覧:

市町村名

モデル地区名

事業年度

身延町

身延山門内地区

平成24年度~平成26年度

忍野村

新名庄川地区

平成23年度~平成25年度

(平成26年度より世界文化遺産景観形成支援事業に移行)

忍野村

忍野八海地区

平成24年度~平成25年度

(平成26年度より世界文化遺産景観形成支援事業に移行)

山中湖村

旭日丘地区

平成23年度~平成25年度

富士河口湖町

河口地区

平成24年度~平成25年度

(平成26年度より世界文化遺産景観形成支援事業に移行)

富士河口湖町

本栖地区

平成25年度

(平成26年度より世界文化遺産景観形成支援事業に移行)

富士河口湖町

精進地区

平成25年度

(平成26年度より世界文化遺産景観形成支援事業に移行)

甲州市

「駅から景観」改善事業修景計画地区

平成27年度

※実施事例について

界文化遺産景観形成支援事業

  • 事業期間:平成26年度から平成30年度
  • 対象地域:富士吉田市、身延町の一部、西桂町の一部、忍野村、山中湖村、鳴沢村、富士河口湖町
  • 趣旨:

世界文化遺産「富士山」の適切な保存管理を行うため、世界文化遺産構成資産、緩衝地帯及び保全管理区域に該当する区域において実施する世界文化遺産景観形成支援事業に要する経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付します。

世界文化遺産景観形成支援事業費補助金交付要綱(PDF:219KB)

  • 実施一覧:

市町村名

事業年度

忍野村

平成26年度~

山中湖村

平成26年度~

富士河口湖町

平成26年度~

富士吉田市

平成27年度~

※実施事例について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部県土整備総務課(景観づくり推進室) 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1325   ファクス番号:055(223)1857

広告スペース

広告掲載について