トップ > まちづくり・環境 > 建築・住宅 > 建築確認・許可 > 中間検査制度 > 工事施工者が工事現場に掲げる「確認表示板」について

更新日:2017年11月1日

ここから本文です。

工事施工者が工事現場に掲げる「確認表示板」について

 確認済証の交付を受けた建築物及び工作物の工事に着手するときは、工事現場の見やすい位置に、建築基準法による確認済であることを示す表示板を掲示する必要があります。 (完成時まで掲示してください。)

 なお、建築基準法施行規則の改正により、確認済表示板の設計者氏名及び工事監理者氏名の欄に記載する事項が次のとおり追加されました。(H27.6.25 以降)

 

工事施工者が工事現場に掲げる「確認表示板」について(PDF:132KB)

第六十八号様式(第十一条関係)(ワード:35KB) 

該当法令

  •  建築基準法第89条(工事現場における確認の表示等)
  •  建築基準法施行規則第11条(工事現場の確認の表示の様式)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部建築住宅課 担当:建築審査担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1735   ファクス番号:055(223)1736

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について