トップ > まちづくり・環境 > 道路 > 地方道 > 万力八幡トンネル太陽光発電システムについて

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

万力八幡トンネル太陽光発電システムについて

山梨県ではクリーンエネルギーの導入促進と省エネルギー対策を両輪に、「エネルギーの地産地消」の実現を目指しています。

これまで、省エネルギー対策として、道路照明の新設・交換時に消費電力の少ないLED照明の採用や省電力ランプへの交換を実施してきましたが、クリーンエネルギーの導入促進のため、太陽光発電システムを道路施設である「万力八幡トンネル」に設置しています。

万力八幡トンネル太陽光発電システムの紹介

万力八幡トンネルで消費する照明等への電力供給を行い、トンネル全体で消費する電力の一部を賄います。

  • 太陽光発電設備:発電出力10kW
  • 設置場所:万力八幡トンネル機械電気棟屋根に設置
  • 計画発電電力量(年間):約10,000kWh

万力八幡太陽光

 

万力八幡トンネル太陽光発電システムの発電実績について

平成30年度年間発電電力量実績:13,350kWh

平成30年度月別発電電力量実績

令和元年度年間発電電力量実績:13,408kWh

令和元年度月別発電電力量実績

令和2年度年間発電電力量実績:12,940kWh

令和2年度月別発電電力量実績

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部新環状道路建設事務所 担当:管理課
住所:〒406-0031 笛吹市石和町市部524
電話番号:055(261)1496   ファクス番号:055(261)1497

広告スペース

広告掲載について