更新日:2020年3月18日

ここから本文です。

登録品種情報 生食用ブドウ 

甲斐ベリー7

KaiBerry7L交雑組合せ:サニードルチェ×シャインマスカット

大粒で食味良好な赤色の二倍体品種である。満開期は育成地(標高:470m)において6月上旬で、成熟期は育成地において8月下旬である。2回のジベレリン処理(1回目はフルメット加用)により種なし化した果房の果粒形は長楕円形で、果粒重は18g程度と大粒になり、摘粒で30~35粒前後に調節すれば、果房重600g程度の果房になる。糖度は19%程度であり、マスカット香を呈し皮ごと食べられ、食味も優れる。十分着色すれば、果房全体が鮮やかな赤色になるが、果頂部はやや薄い着色となるほか、果底部の着色も進みにくい傾向がある。果房の上部支梗が伸びやすく、果房上部が密着しにくい傾向がある。

2019年11月19日付けで出願公表

甲斐ベリー3(商標名:ブラックキング)

KaiBerry3交雑組合せ:ピオーネ×山梨46号(巨峰自殖)

大粒で着色良好な紫黒色の四倍体品種である。満開期は育成地(標高:450m)において六月上旬で、成熟期は育成地において八月中旬である。2回のジベレリン処理(1回目はフルメット加用)により種なし化した果房の果粒形は円形で、果粒重は20g程度になり、摘粒30粒前後に調節すれば、果房重600g程度の果房になる。糖度は18%程度、酸度は0.6%程度であり、多汁で食味は優れる。はく皮性は巨峰と同程度である。アントシアニン含量が巨峰に比べて多く、着色性に優れる。

品種登録番号:第26591号 (2018年2月9日)

甲斐のくろまる

交雑組合せ:ピオーネ×山梨46号(巨峰自殖)

早生で着色良好な紫黒色の四倍体品種である。満開期は育成地(標高:440m)において6月上旬で、成熟期は育成地において8月上旬である。2回のジベレリン処理(1回目はフルメット加用)により種なし化した果房の果粒形は円形で、果粒重は14g程度になり、摘粒で35粒前後に調節すれば、果房重500g程度の果房になる。糖度は18%程度、酸度は0.6%程度で食味は優れている。はく皮性は巨峰と同程度である。アントシアニン含量が巨峰に比べ多く着色性に優れる。

品種登録番号:第22551号(2013年3月25日)

 

  

ジュエルマスカット

交雑組合せ:山梨47号(ジュライマスカット×リザマート)×シャインマスカット

大粒で外観が優れる黄緑色の二倍体品種である。満開期は育成地(標高:440m)において6月上旬で、成熟期は育成地において9月上旬である。2回のジベレリン処理(1回目はフルメット加用)による種なし化した果房の果粒形は長楕円形で、果粒重は18g程度と大粒になり、摘粒で30~35粒前後に調節すれば、果房重600g程度の果房になる。糖度は18%程度、酸度は0.4%程度で食味は優れる。皮剥れしにくいが、肉質は崩壊性で皮ごと食することができる。成熟後期には「かすり症」が発生することがある。

品種登録番号:第22550号(2013年3月25日)

サニードルチェ

交雑組合せ:バラディー×ルビー・オクヤマ

外観と食味に優れる赤色系品種である。樹勢は強く、発芽は良好である。満開期は育成地において6月上旬で、花は雄ずい反転性(雄性不稔)であるため、2回のジベレリン処理(満開時と満開10~15日)が必要である。成熟期は育成地において8月下旬である。2回のジベレリン処理により果粒形は短楕円で、果粒重は11g程度になり、摘粒で45粒前後に調整すれば、果房重500g程度になる。直光着色性が強く、棚面を明るく管理すれば果皮は鮮やかな赤色となる。皮剥れしにくいが、肉質は崩壊性で果皮も薄く、皮ごと食することもできる。栽培年によっては果梗部周辺にやや微裂果が発生することがある。また、収穫期に果粒が萎びる現象が発生することがあるが、2回目のジベレリン処理液にフルメット液剤を加用し、果粒肥大を促すと発生が軽減される。糖度は17%程度、酸度は0.6%程度で青リンゴのような独特な風味を有し、渋味はない。

品種登録番号:第23171号(2009年12月21日)

 

品種登録情報 醸造用ブドウ

品種登録情報 モモ・スモモ・オウトウ

過去に登録した品種

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部果樹試験場 
住所:〒405-0043 山梨市江曽原1204
電話番号:0553(22)1921   ファクス番号:0553(23)3814

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について