更新日:2022年3月18日

ここから本文です。

奈良田第三発電所

昭和59年、国の中小水力発電開発促進のためのモデル実証試験地点として採択され、中高落差用軽負荷ランナを採用した発電所です。

これは従来の水車と比較して低流量時の発電量を増やすことを目的として設計された水車です。

 

  • 最大出力:2,500kW
  • 発電型式:水路式
  • 水車型式:横軸フランシス
  • 流域面積:20.1km2
  • 最大使用水量:2.04m3/s
  • 有効落差:155.90m
  • 発電開始日:昭和60年4月

 

発電機写真

水車及び発電機

奈良田第三発電所全景写真

 奈良田第三発電所全景

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県企業局早川水系発電管理事務所 
住所:〒409-2701 南巨摩郡早川町奈良田1050
電話番号:0556(48)2670   ファクス番号:0556(48)2678

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について