トップ > まちづくり・環境 > 富士山世界文化遺産 > 保全対策 > 富士登山をされる皆様へ「富士山保全協力金」のお願い

更新日:2020年8月21日

ここから本文です。

富士登山をされる皆様へ「富士山保全協力金」のお願い

※2020年(令和2年)は富士山が開山しないため、「富士山保全協力金」の受付を中止いたします。  

 山梨県では、富士山の保全・環境美化を目的とした「ふるさと納税」を受け付けておりますので、こちらへのご協力をお願い申し上げます。

山梨県のふるさと納税についてはこちら

  

山梨県では、美しい富士山を後世に引き継ぐため、富士山保全協力金制度を実施しています。登山者から頂いた協力金は、トイレの新設・改修などの富士山の環境保全対策、救護所の拡充などの登山者の安全対策、信仰の対象、芸術の源泉として富士山が有する価値の情報提供等といった事業に使われます。

 

rogo1

2

3払方法

4付期間・時間

5象者

6士山保全協力者証(記念品)

7力金の使い道業の具体的内容を記載してあります。

8前納付について

9係機関の皆様へ(リンクバナー)

◇世界遺産「富士山」富士山保全協力金のページへ

 

 1

美しい富士山を後世に引き継ぐため、富士山の環境保全や登山者の安全対策を図ります。

 2

基本1,000円(子どもや障がい者は協力いただける範囲の金額)

 3払い方法

※2020年(令和2年)は受付を行いません。

静岡県の富士山保全協力金はこちら↓

静岡県協力金バナー

 

 

 

 

 

 

4付期間・時間

※2020年(令和2年)は受付を行いません。

5象者

五合目から先に立ち入る来訪者

6士山保全協力者証(記念品)

 

2019kihuda記念品本体:富士山の間伐材を利用しています。

      裏面は図柄がないので、登山の思い出を記したり、記念スタンプ等を

      押印することができます。

下 げ 紐:道迷い防止のため、吉田口を表す看板と同じ黄色の紐を使っています。

デ ザ イ ン:県産業技術センター

          作   成:富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合

  

7力金の使い道

富士山の環境保全や登山者の安全対策のために、富士山五合目以上で行う事業に使わせていただきます。

※過去の収支報告はこちらをご参照下さい。

(1)富士山の環境保全

臨時公衆トイレの設置

山小屋等のトイレの維持管理費には協力金は使われず、トイレチップで賄われます。トイレを利用するときは、トイレチップをお願いします。

(2)登山者の安全対策

安全誘導員の配置、救護所の設置・運営、外国人サポート(通訳等)の実施

 

8係機関の皆様へ(リンクバナー)

当該ページにリンクを頂ける際には、下記のバナーをご利用ください。

協力金バナー

最小基本サイズ45mm、縦16mm

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1316   ファクス番号:055(223)1438

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について