山梨県における印章業の発祥は、御岳山系に良質で巨大な水晶鉱が発見・発掘されたことから始まりました。
1837(天保八)年、甲府近郊御岳に水晶加工工場が設立され、以来数多くの加工業者および加工技術が生まれ、水晶印材と同時に板木師よりその彫刻技術が発達し、水晶印はもとより、ツゲ、水牛等の印材も加えて発達いたしました。

1854(嘉永七)年、「甲州買物独案内」「萬註文帳」等に記載されていることから、印章業 が江戸時代より存在したことがわかりました。 古文書における印章については1650(慶安三)年、下部町湯の奥金山の文献に、代官、役人の捺印が記された物が数多くありました。

1873(明治六)年太政官布告により、一般市民の間に急速な印章需要が起こったことから、 山梨県独特な産地形態が形成されました。出張販売、通信販売等で市場を拡大し、また甲府市内 の業者の中では、現在でも八代目、四代目と引き継がれ「甲州」手彫印章の技法が伝承されているのであります。なお、峡南地域市川三郷町においては、現在に至る町の基幹産業として「印章王国 山梨」の力となってきました。

 

甲州手彫印章は、実印、認印、役所印、官印及び銀行印など日常生活で用いられている多種の印章を生産し、原料としては、柘植、水牛及び水晶を古くから使用している。

印面調整、印稿、字割、字入、粗彫、字直し等多岐にわたる工程で、昔ながらの道具を使い丹念に手作業で造られている。

中でも、字入や字直し等は熟練を要する作業であり、これらの手作業を経た印章による印影は唯一無二の華やかな趣がある。

昔から甲州では、水晶原石がとれたことから、水晶貴石細工が盛んだったこともあり、特に水晶の手彫印章は、甲州以外の地域では、ほとんど作られていない。