Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)2017
<応 募 規 定>
 
1 対象ワイン
応募の対象となるワインは、酒税法第3条で定める果実酒のうち、日本国内で栽培され収穫されたぶどうのみを用いたワインであり、製造方法の分類によるスティルワイン及びスパークリングワインとします。ただし、香味調整のための香料(天然、合成を問わない)や色素を添加したものを除きます。
2  応募条件
(1)原則として市販酒であり、蔵内酒の場合は、平成29年9月末日までに市場に流通すること及び出品時に商品名が
   確定していること。
(2)同一ロットのワインで(※「同一ロット」とは、瓶詰めの時期が同一で、複数のタンクや樽などに分けて醸造や貯蔵
   が行われた場合は、事前に混合して均一化を行った後、同一品質のものとして、同一仕様の容器に充填され、
   同一のラベルが貼られるものを意味します。)、720ml又は750ml瓶で1000本以上(極甘口部門のワインは720ml
   瓶換算で100本に相当する量) が出品時に瓶詰めされていること。ただし、出品時に瓶詰めされていなければなら
   ない量には、すでに市場に流通している分は含まない。
(3)ボトルの容量は、720ml又は750mlであること。ただし、極甘口部門のワインは200ml以上で2Lを超えないこと。
(4)出品部門の決定にあたっては、以下の条件に従うこと。
  ・欧州系品種、国内改良等品種、北米系等品種については、当該部門の原料品種の使用割合の和が75%以上、
  甲州については100%であること。
  ・欧州・国内改良品種等ブレンドについては、2つ以上の部門の原料品種を使用しており、そのうち同一部門の原料
  品種の使用割合の和がいずれも75%未満(※甲州の場合は100%未満)であること。
  ・極甘口、ロゼワイン、スパークリングワインの各部門は原料品種を問わない。
   ※ただし、銘柄等にスパークリングワインなど、発泡性の記述のあるものはスパークリングワイン部門、
    残糖100g/L以上のワインは極甘口部門に出品すること。
  (注)審査の公平さを保つため、参加申込者の申請とは異なる部門に変更することがあります。
(5)応募にあたっては、日本ワインコンクール公式ホームページから、出品者名、銘柄、原料品種名(複数の原料の
   場合はその割合)、産地名、希望小売価格(蔵内酒の場合は予定価格)、部門、分析結果等を入力・登録し、
   ワイン貼付票を貼付したワインを送付すること。
(6)金賞又は銀賞を受賞した場合は、公開ワインテイスティング用に受賞ワイン(金賞20本程度、銀賞10本程度)を
   ワイナリー販売価格の半額程度で提供していただきます。
(7)金賞受賞者は、平成29年9月1日(金)の表彰式に参加いただくとともに、15周年記念事業実施のため、受賞ワイン
   を10本程度、ワイナリー販売価格で提供していただきます。
3 応募方法
日本ワインコンクール公式ホームページから、次の方法によりご応募願います。
※ホームページのみの受付とさせていただきます。

  ※応募方法の説明はこちら(PDFファイル)
  ※エントリーシステムのマニュアルはこちら(PDFファイル)


 
 
  
4 エントリー数及び提出ボトル数
(1)エントリー数の上限は1社あたり25点とします。(ただし、原料ブドウ栽培者から醸造を委託されたワイン(※原料ブ
   ドウ栽培者自らが栽培したブドウを100%使用したワイン)を除く)
(2)提出するボトル数は、1エントリーにつき720ml又は750mlボトルで4本とします。ただし、極甘口部門については、
   2,880ml以上に相当する本数(例えば500mlの場合は6本、360mlの場合は8本)とします。
    (※すべてのボトルに「ワイン貼付票」を貼付願います。)
(3)出品ワインは返却しません。審査会終了後に公的な研究機関に提供されることもあります。
5 応募期間
応募の受付は、平成29年5月22日(月)午前9時から、平成29年6月16日(金)午後5時までとします。
6 参加費用等
(1)参加費用は、1エントリーにつき15,000円とします。
(2)参加費用は、参加申し込みと同時に支払うこととし、支払方法は銀行振り込みとします。(※恐れ入りますが、
   振込 手数料は参加者負担でお願いします。)
[振込先]
 @口座名義:日本ワインコンクール実行委員会
 A口座:山梨中央銀行 県庁支店 普通預金
 B口座番号:647521
(3)入金の確認ができるまでは、正式な参加とは認めません。
(4)事務局から請求書及び領収書の発行は行いません。
(5)参加費用の払い戻しは行いません。
7 ワインの送付先、送付締切
出品ワインは、下記送付先に平成29年6月23日(金)までに必着にてご送付ください。
※参加申込締切日は、6月23日(金)ではなく、6月16日(金)ですので、ご注意願います。
[ワイン送付先] 
 〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼2517  山梨県産業技術センター ワイン技術部(旧ワインセンター)
 TEL:0553-44-2224 FAX:0553-44-2385
※送付に当たっての注意事項
(1)ワインの送付については、参加者がすべての責任を負うものとします。主催者側では輸送中の事故等について
   は、 一切責任を負いかねます。
(2)締切日を経過して到着した場合は、原則参加の受付を断らせていただきます。その場合の参加費用は返金しま
   せん。
(3)ワインの送付の際に使用する箱は、6本入りのものとしてください。また、1箱1銘柄としてください。
(4)ワインの送付については、できるだけ早期の送付にご協力願います。
8 結果発表
(1)結果は、平成29年8月8日(火)(予定)に事務局から各参加者に通知するとともに、ホームページに掲載します。
(2)受賞者には、上記結果通知と併せて、平成29年9月1日(金)の表彰式及び平成29年9月2日(土)の公開テイスティ
   ングへの案内を行います。
(3)記者発表用として、金賞かつ部門最高賞受賞者は受賞ワイン3本、他の金賞受賞者は受賞ワイン1本を無償提供
   願います。なお、提供されたワインは返却しません。
9 表彰
(1)金賞、銀賞、銅賞、奨励賞、部門最高賞、コストパフォーマンス賞には賞状を授与します。
(2)金賞受賞ワインのうち部門最高賞には、副賞(メダルを予定)を授与します。なお、その他の賞(奨励賞は除く)に
   は、副賞 (メダルを予定)を希望者にのみ有償で提供します。(8(1)の結果通知と併せて、申込を受け付けます。)
10 受賞シール
受賞者には、ワインのボトルに貼付する受賞シールを100枚無償で提供します。なお、追加で必要な場合は有償で提供します。(8(1)の結果通知と併せて、申込を受け付けます。)
11 受賞ワインのチェック
受賞ワインについては、実行委員会等が立入検査(分析・利酒)等によりチェックを行う場合があります。この時点で本応募規定に違反していることが判明した場合には、受賞を取り消す場合があります。
 
12 表彰式、15周年記念事業及び公開テイスティング実施への協力

金賞受賞者は、平成29年9月1日(金)の表彰式に参加いただくとともに、15周年記念事業実施のため、受賞ワインを10本程度、ワイナリー販売価格で提供していただきます。
金賞又は銀賞の受賞者については、平成29年9月2日(土)の公開テイスティング実施に係る受賞ワイン(金賞20本程度、銀賞10本程度)を、ワイナリー販売価格の半額程度で提供していただきます。また、当日のワインサーブ要員の派遣にもご協力願います。

 
13 出品ワインの取り扱いについて
出品ワインは返却しません。
 
14 その他
その他、本コンクールの応募に関して疑義があった場合は、実行委員会等で検討した上で、決定するものとします。

Japan Wine Competition : 日本ワインコンクール
Copyright (C) 2017 Japan Wine Competition. All rights reserved