トップ > 組織から探す > 「富士山保全協力金」について

ここから本文です。

「富士山保全協力金」について

山梨県では、美しい富士山を後世に引き継ぐため、富士山保全協力金を平成25年度に社会実験を実施し、平成26年度から本格実施いたしました。登山者から頂いた協力金は、トイレの新設・改修などの富士山の環境保全対策、救護所の拡充などの登山者の安全対策、信仰の対象、芸術の源泉として富士山が有する価値の情報提供といった事業に使われます。

 

富士山保全協力金について、詳しく知りたい方はここをクリック

 

 

平成29年度「富士山保全協力金」の実施結果

【収入】

(単位:円)

受付方法

受付額

備考

現地受付 富士スバルライン五合目総合管理センター前

77,844,989

 
吉田口六合目富士山安全指導センター付近

8,863,787

 
県立富士北麓駐車場バス乗降場付近

5,311,000

 
インターネット経由による受付

130,000

 
コンビニエンスストア経由による受付

172,000

 

団体登山者向け一括受付

   4,383,000

 
登山期間終了後の受付

6,000

 
利息収入

6,131

 
前年度からの繰り越し

0

 

合計

96,716,907

 

 

【支出】

(単位:円)

充当内容

充当額

備考

山梨県が開山期間中に六合目安全指導センター付近で設置する臨時トイレの運営に要する経費

531,280

詳細(PDF:110KB)
富士山五合目インフォメーションセンター運営協議会が外国人登山客等への登山情報の提供や安全指導を目的として設置する同インフォメーションセンターの運営に対して負担を行うために要する経費

7,155,000

詳細(PDF:152KB)
山梨県が行う下山道のパトロールや補修等の維持管理に要する経費

7,226,238

詳細(PDF:118KB)
富士山安全指導センター運営協議会が登山者への安全指導や救護活動を目的として行う同センターの運営に対して補助を行うために要する経費

2,994,000

詳細(PDF:112KB)
山梨県・静岡県・富士吉田市・富士山吉田口旅館組合が共同で行う、山頂付近における渋滞時の事故防止や吉田・須走ルート分岐点における道迷い防止を目的とした安全誘導員の設置に要する経費

1,118,533

詳細(PDF:104KB)
山梨県が設置する五合目総合管理センターの運営に要する経費

18,792,913

詳細(PDF:129KB)
山梨県が設置する富士山登山者安全対策現地連絡本部の運営に要する経費

17,028,529

詳細(PDF:135KB)
山梨県・富士吉田市・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町が共同で設置する富士山五合目救護所の運営に要する経費

3,078,454

詳細(PDF:116KB)
富士山の適切な保存管理を図るため、富士山の環境保全や安全確保、富士山への来訪者が富士山の有する顕著で普遍的な文化価値についての理解を深めるための事業を実施する市町村等への助成に要する経費            

14,061,431

詳細(PDF:160KB)
山梨県が行う富士山保全協力金の現地受付等の設置運営に要する経費

24,730,529

詳細(PDF:113KB)

合計

96,716,907

 

 

【収支】

(収入総計)96,716,907円-(支出総計)96,716,907円=0円

 

 平成28年度「富士山保全協力金」の実施結果

【収入】

(単位:円)

受付方法

受付額

備考

現地受付 富士スバルライン五合目総合管理センター前

85,535,249

 
吉田口六合目富士山安全指導センター付近

5,837,171

 
県立富士北麓駐車場バス乗降場付近

4,093,867

 
インターネット経由による受付

83,000

 
コンビニエンスストア経由による受付

157,000

 
登山期間終了後の受付

32,000

 
利息収入

2,494

 
前年度からの繰り越し

0

 

合計

95,740,781

 

 

【支出】

(単位:円)

充当内容

充当額

備考

山梨県が開山期間中に六合目安全指導センター付近で設置する臨時トイレの運営に要する経費

532,000

詳細(PDF:10KB)
富士スバルライン自主防災協議会が噴火等の緊急時における登山者の安全確保のために行う物資の整備に要する経費

4,675,820

詳細(PDF:10KB)
富士吉田市が行う補助制度(富士山吉田口旅館組合が実施するヘルメットの整備・窓ガラスへの飛散防止フィルム貼付等)への助成に要する経費

3,000,000

詳細(PDF:8KB)
富士山五合目インフォメーションセンター運営協議会が外国人登山客等への登山情報の提供や安全指導を目的として設置する同インフォメーションセンターの運営に対して負担を行うために要する経費

14,309,000

詳細(PDF:11KB)
山梨県が行う下山道のパトロールや補修等の維持管理に要する経費

6,648,894

詳細(PDF:10KB)
富士山安全指導センター運営協議会が登山者への安全指導や救護活動を目的として行う同センターの運営に対して補助を行うために要する経費

4,337,000

詳細(PDF:10KB)
山梨県・静岡県・富士吉田市・富士山吉田口旅館組合が共同で行う、山頂付近における渋滞時の事故防止や吉田・須走ルート分岐点における道迷い防止を目的とした安全誘導員の設置に要する経費

2,540,992

詳細(PDF:8KB)
山梨県が登山者の安全を確保するために行う富士山の登山道へのWi-Fi環境の整備に要する経費

648,000

詳細(PDF:8KB)
山梨県が外国人登山客の動向や富士山保全協力金の協力状況を把握するために行う調査に要する経費

7,387,200

詳細(PDF:8KB)
山梨県が設置する五合目総合管理センターの運営に要する経費

4,153,836

詳細(PDF:10KB)
山梨県が設置する富士山登山者安全対策現地連絡本部の運営に要する経費

16,467,686

詳細(PDF:10KB)
山梨県・富士吉田市・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町が共同で設置する富士山五合目救護所の運営に要する経費

4,770,742

詳細(PDF:10KB)
山梨県が行う富士山保全協力金の現地受付等の設置運営に要する経費

26,269,611

詳細(PDF:10KB)

合計

95,740,781

 

 

【収支】

(収入総計)95,740,781円-(支出総計)95,740,781円=0円

 

平成27年度「富士山保全協力金」の実施結果

【収入】

(単位:円)

受付方法

受付額

備考

現地受付 富士スバルライン五合目総合管理センター前

58,163,450

 
吉田口六合目富士山安全指導センター付近

11,718,095

 
県立富士北麓駐車場バス乗降場付近

797,159

 
インターネット経由による受付

117,000

 
コンビニエンスストア経由による受付

278,000

 
登山期間終了後の受付

0

 
利息収入

6,783

 
前年度からの繰り越し

2,625,039

 

合計

73,705,526

 

【支出】

(単位:円)

充当内容

充当額

備考

山梨県が開山期間中に六合目安全指導センター付近で設置する臨時トイレの運営に要する経費

385,250

詳細(PDF:10KB)
富士吉田市が行う補助制度(富士山吉田口旅館組合が実施するヘルメットの整備等)への助成に要する経費

1,805,859

詳細(PDF:8KB)
富士山五合目インフォメーションセンター運営協議会が外国人登山客等への登山情報の提供や安全指導を目的として設置する同インフォメーションセンターの運営に対して負担を行うために要する経費

8,660,152

詳細(PDF:11KB)
山梨県が行う下山道のパトロールや補修等の維持管理に要する経費

4,350,860

詳細(PDF:10KB)
富士山安全指導センター運営協議会が登山者への安全指導や救護活動を目的として行う同センターの運営に対して補助を行うために要する経費

2,806,305

詳細(PDF:10KB)
山梨県・静岡県・富士吉田市・富士山吉田口旅館組合が共同で行う、山頂付近における渋滞時の事故防止や吉田・須走ルート分岐点における道迷い防止を目的とした安全誘導員の設置に要する経費

2,050,399

詳細(PDF:8KB)
山梨県が設置する五合目総合管理センターの運営に要する経費

13,290,073

詳細(PDF:10KB)
山梨県が設置する富士山登山者安全対策現地連絡本部の運営に要する経費

10,200,338

詳細(PDF:10KB)
山梨県・富士吉田市・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町が共同で設置する富士山五合目救護所の運営に要する経費

2,593,344

詳細(PDF:10KB)
山梨県が行う富士山保全協力金の現地受付等の設置運営に要する経費

27,562,946

詳細(PDF:10KB)

合計

73,705,526

 

【収支】

(収入総計)73,705,526円-(支出総計)73,705,526円=0円

 

平成26年度「富士山保全協力金」の実施結果

平成26年度及び平成25年度に集められた富士山保全協力金と、その使い道は次のとおりです。

【収入】

(単位:円)

受付

方法

受付額

備考

現地受付 富士スバルライン五合目総合管理センター前

97,596,555

 
吉田口五合目登山道山小屋付近

3,024,950

 
県立富士北麓駐車場バス乗降場付近

12,875,611

 
インターネット経由による受付

194,000

 
コンビニエンスストア経由による受付

662,000

 
登山期間終了後の受付

55,000

 
利息収入

15,276

 
平成25年度受付(社会実験分、利息も含む)

19,159,838

 

合計

133,583,230

 

 

【支出】

(単位:円)

充当内容

充当額

備考

山梨県が富士山の自然保護と適正利用、登山者の安全確保を目的に設置する富士山レンジャーの設置に要する経費

12,938,783

詳細(PDF:222KB)
登山期間中に富士山六合目にトイレを臨時設置する経費

639,280

詳細(PDF:118KB)
富士山五合目インフォメーションセンター運営協議会が外国人登山客等への登山情報の提供や安全指導を目的として設置する同インフォメーションセンターの運営に対して負担を行うために要する経費

20,985,000

詳細(PDF:111KB)
山梨県が行う下山道のパトロールや補修等の維持管理に要する経費

2,808,000

詳細(PDF:127KB)
富士山安全指導センター運営協議会が登山者への安全指導や救護活動を目的として行う同センターの運営に対して補助を行うために要する経費

4,662,000

詳細(PDF:150KB)
山梨県・静岡県・富士吉田市・富士山吉田口旅館組合が共同で行う、山頂付近における渋滞時の事故防止や吉田・須走ルート分岐点における道迷い防止を目的とした安全誘導員の設置に要する経費

4,323,846

詳細(PDF:139KB)
山梨県が設置する五合目総合管理センターの運営に要する経費

27,112,205

詳細(PDF:149KB)
山梨県が設置する富士山登山者安全対策現地連絡本部の運営に要する経

22,553,803

詳細(PDF:53KB)
山梨県・富士吉田市・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町が共同で設置する富士山五合目救護所の運営に要する経費

2,292,812

詳細(PDF:25KB)
山梨県が行う富士山保全協力金の現地受付等の設置運営に要する経費

32,642,462

詳細(PDF:246KB)

合計

130,958,191

 

 

【収支】

(収入総計)133,583,230円-(支出総計)130,958,191円=2,625,039円

2,625,039円は、平成27年度に繰り越します。

 

平成25年度「富士山保全協力金」社会実験の実施結果

平成25年7月25日から8月3日までの10日間、「富士山保全協力金」の社会実験を、吉田口六合目において実施いたしました。(7月29日は悪天候のため中止しました。)
なお、同一期間に静岡県側の御殿場口・須走口・富士宮口でも、同様の取組みを実施しました。

その結果、山梨県側では19,339人の方から合計で19,157,950円という、多大な御協力をいただきましたので、報告させていただくとともに深く感謝申し上げます。

いただいた協力金は、今後、学者・登山家等の有識者で組織された専門委員会の答申や、国・県・市町村・地域の住民代表等で組織された世界文化遺産協議会作業部会において、具体的な使途を協議・決定して参ります。(「富士山保全協力金」社会実験の詳細な結果については、添付ファイルを御覧ください。)

「富士山保全協力金」社会実験実施結果集計(PDF:72KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部世界遺産富士山課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1316   ファクス番号:055(223)1781

広告スペース

広告掲載について