トップ > 組織から探す > 山梨県産業技術センター > 甲府技術支援センター > 補助事業による新規導入設備(平成21年度)

更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

補助事業による新規導入設備(平成21年度)

山梨県産業技術センターは、財団法人JKA(旧財団法人日本自転車振興協会)より、平成20年度の公設工業試験研究所の設備拡充補助事業による補助金の交付(競輪の補助金)を受け、設備の拡充等を行いました。

補助事業の概要

山梨県内の製造業の技術力向上や信頼性技術に対する要望に十分に応えていくために、公設工業試験研究機関である山梨県産業技術センターの炭素硫黄同時分析装置を更新し、従来の設備では対応できなかった試験が行えるようになりました。

予想される事業実施効果

県内企業が本設備を設備利用の形で手軽に利用することで、素材試料中の炭素と硫黄の含有量を測定することが可能となり、コスト的に有利である輸入材をはじめとした各種鉄鋼材料や、鋳造品など非金属材料の品質検査を行うことができるようになります。本設備を活用していただくことで、機械電子産業の一層の信頼性向上に寄与し、地域の活性化の一助となります。

本事業により導入した設備

炭素硫黄同時分析装置

  • 設置場所

甲府技術支援センター研究管理棟6F機器分析室2

  • 概要

炭素硫黄同時分析装置は、試料を酸素雰囲気中で加熱・燃焼し、発生したガスを赤外分析計で測定することで、含まれる炭素と硫黄の含有量を同時に短時間で分析できる装置です。鉄鋼材料や非金属材料に含まれる炭素と硫黄の含有量を測定することで、品質の向上や維持、規格検査を行うことができます。

補助事業炭素硫黄同時分析装置

 

  • 仕様

測定方法:赤外線吸収法

分析範囲:炭素0~6パーセント、硫黄0~1%:Rh

感度:0.01ppm(炭素、硫黄とも)

備考:高周波炉オートクリーナ機構、コンピュータによるレポート作成

(株式会社堀場製作所EMIA-920VY)

事業内容についての問い合わせ

団体名

山梨県産業技術センター・甲府技術支援センター

住所

400-0055

山梨県甲府市大津町2094

担当部署

材料・燃料電池技術部化学・燃料電池科

担当者

試験装置についてのお問い合わせは担当部署にお願いします。

電話番号

055-243-6111(代表)

ファックス番号

055-243-6110

E-Mail

yitc-cap@pref.yamanashi.lg.jp

URL

http://www.pref.yamanashi.jp/yitc/

この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。

YamanashiPrefecturalIndustrialTechnologyCenter.AllRightsReserved.

広告スペース

広告掲載について