更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

伝導イミュニティ試験システム

伝導イミュニティ試験システム画像

本装置は試験対象の電源端子や信号端子(USBやLANなど)に高周波ノイズを注入し、機器の故障や誤動作を検査する試験装置でIEC61000-4-6に準拠した試験が可能な装置です。

 

本装置は(財)JKAによる「競輪の補助金」により導入しました。

 

機種名

NSG4070

TESEQ

仕様

  • 本体

周波数範囲:9kHz~1GHz
出力レベル:-60dBm~+10dBm
変調:AM、パルス(1Hz~50kHz)

  • パワーアンプ

周波数帯域:150kHz~230MHz
1dB利得圧縮時出力:70W(最小値)

  • CDN

M1、M2、M3、M4、S1(50ΩBNC、75ΩBNC)、S4(USB3.0)、S8、S9、S25、T8(CAT3,5,6)、EMクランプ

©YamanashiPrefecturalIndustrialTechnologyCenter.AllRightsReserved.

設備使用料

890円/1時間

担当

電子応用科

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6111   ファクス番号:055(243)6110

広告スペース

広告掲載について