更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

蛍光エックス線分析装置

蛍光エックス線分析装置画像

試料にX線を照射することで構成する元素の種類や含有量を、非破壊で短時間に分析できる装置です。
プラスチックや電子部品などに含まれる、鉛やカドミウムなどの有害元素を検出できます。

 

本装置は(財)JKAによる「競輪の補助金」により導入しました。

機種名

SEA1200VX

エスアイアイナノテクノロジー(株)

仕様

測定方法

エネルギー分散型蛍光X線分析

管球

Rh(ロジウム)

管電圧

15,30,40,50kV

分析領域

φ1,8(mm)

X線発生部

50kV、1mA空冷式

一次フィルタ

5モード自動切換え

ビームサイズ

φ1mm、φ8mm自動切換え

X線検出部

Vortex半導体検出器(液化窒素不要)

試料室

W430mm×D320mm×H200mm

©YamanashiPrefecturalIndustrialTechnologyCenter.AllRightsReserved.

設備使用料

2,310円/1時間

依頼試験手数料

8,010円/1件

担当

化学・燃料電池科

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6111   ファクス番号:055(243)6110

広告スペース

広告掲載について