更新日:2020年3月6日

ここから本文です。

 

災害が発生したら

災害発生から認定、補償までの流れ(PDF:7KB)

災害発生

所属へ報告するとともに、医療機関を受診する。

受診する際に「公務(通勤)災害」であることを伝える(組合員証を使用しない)

この場合、医療機関によっては医療費の負担を求める場合もありますが、

公務・通勤災害に認定された後、窓口にて返金してもらうことになります。

認定請求

所属は公務災害認定請求書類一式を被災職員へ渡してください。

所属長が証明して任命権者へ提出

任命権者が意見を記載して基金支部へ提出

認定通知

支部では認定基準に基づきすみやかに公務上外の認定をして結果を通知します。

補償の請求

認定通知と併せて療養補償の請求書を送付しますので、該当する様式を医療機関へ提出してください。

補装具等で自己負担した分は、様式第6号に必要書類を添付して支部へ請求してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

 担当:地方公務員災害補償基金山梨県支部
電話番号:055(223)1376   ファクス番号:055(223)1379

広告スペース

広告掲載について