文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 山梨県ホームページ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ

ホーム > ワーク・ライフ・バランス推進取り組み事例 > 社会福祉法人 壽光会

ここから本文です。

 「私たちは、『笑顔と生きがい』を合い言葉に、利用する人、働く人全てが意欲と充実感を持って過ごせるような運営を進めます。」

社会福祉法人 壽光会

所在地 山梨県山梨市牧丘町室伏2452
事業内容 介護事業
従業員数 138人(男性41人・女性97人)

 

取組のきっかけ

 組織としてのパフォーマンスを一層向上させるため。

 ※既に以下の制度等は実施しています。また、高い職員定着率を達成しています。

  • 30分単位の有給休暇制度
  • 勤務予定作成にあたっての1か月当たり3日の希望休日制度
  • 有給休暇とは別に付与されるリフレッシュ休暇制度・特別休暇制度
  • 非正規職員に対する正規職員と同様の研修制度(有給の外部研修派遣、各種研修会等)
  • 子育てのための短時間勤務、消防団等地域活動への参加推奨も行っています。 

取組内容 

  • 法人の現状と課題について、キャリアコンサルタントと施設長、事務長面談
  • キャリアコンサルタントによる中堅管理職員から就業上の問題等についてヒアリング
  • キャリアコンサルタントによる管理職職員への「人材マネジメント」講義研修
  • キャリアコンサルタントによる全職員を対象とした「自律的な人材になるために」講義研修 

社員の声

  • 理論的には分かるが、行動するとなるとなかなか難しい面が多い。
  • 自分達の職場が、既にワークライフバランスに結構配慮されていることが確認できた。

効果と課題

  (効果)

  • (1回目の研修)管理職員は組織の中での人間関係の構築、メンテナンスに多くの力を注ぎ、チームとしての業績やパフォーマンスをあまり重視しない傾向にありました。どのように部下職員にアプロ―チし、パフォーマンスを上げるか、管理職としてどのように考えるかを学ぶ機会となりました。
  • (2回目の研修)キャリアアップできる職場環境にあって職員自身が将来を見据えてどのように自身のキャリア形成に取り組むかを考える機会になりました。   

   (課題)

  • 個々の職員の目標を明確にするとともに、組織としての目標の達成に向けて行動し、実績を評価し、検証するPDCAサイクルの実践を組織全体に浸透させていくことが課題です。
  • 目標がノルマになって本来の目的を見失わないよう注視するとともに、成果が仕事のやりがいになり、職員の定着率の一層の向上や法人のブランド化につながることを期待します。 

 

お問い合わせ

所属課室:山梨県産業労働部労政雇用課

〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(223)1561

ファックス番号:055(223)1564

メールアドレス:rosei-koy@pref.yamanashi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?