文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 山梨県ホームページ
  • 携帯サイト
  • サイトマップ

ホーム > ワーク・ライフ・バランス推進取り組み事例 > 株式会社オーテックメカニカル

ここから本文です。

「残業、休日出勤を減らしワーク・ライフ・バランスを考え、尚且つ売上、利益の上がる体制にする」

株式会社オーテックメカニカル

所在地 南アルプス市下宮地
事業内容 製造業
従業員数 40人(男性33人、女性7人)

 

取組のきっかけ

  • 我が社では、毎年経営計画書を発行している。昨年の計画書に「ワーク・ライフ・バランス」の文字が出現した。この計画書は社の方針を示したもので、 ~前略 「残業、休日出勤を減らしワーク・ライフ・バランスを考え、尚且つ売上、利益が上がる体制にする」 後略~ それまで長時間の残業、休日出勤が当たり前になっていた社風にメスを入れようと取組を強化した。

取組内容

  • 水曜日を「ノー残業Day」とし、社内放送を流し帰りやすい雰囲気にした。
  • 時間を有効に使おうと「フレックス出勤制(時差出勤)」「フレックス休暇制」を取り入れた。
  • 有給休暇が有効に使える「時間単位取得年次有給休暇」制度を取り入れた。
  • ちょっとの時間、私用で外出できる「中抜け」制度を取り入れた。(中抜けした時間だけ退勤時間をずらせばOK)
  • 特別休暇制度を設けた。(裁判員、消防団活動、ボランティア等)
  • 「育児・介護休業」制度を導入した。
  • メンタルヘルスケアの強化。(外部専門家による無料カウンセリング、定期的な教育等)
  • 保養所の利用促進の為、補助制度を導入した。
  • 勤続10年たったら旅行券をプレゼント、たまにはのんびり奥さん(旦那さん)孝行をしよう。
  • FPの無料相談でライフプランニングのアドバイスの実施。

社員の声

  • 時間単位取得年次有給休暇制度の導入により、有給休暇の取得に繋がっている。
  • 消防団活動等地域活動がし易くなった。
  • 水曜日は社内放送を流すことにより帰り易くなった。
  • 非常に厚い制度に感謝している。

効果と課題

  • 経営者の社員に対する思いや社員のニーズに沿った柔軟な制度と考える。

効果

  • 年次有給休暇の取得率が約70%と高い水準になった。
  • 残業時間が減少した。

課題

  • 制度の利用者が偏っている。
  • 「ノー残業Day」の徹底。

関連リンク

   新卒者就職応援企業ナビ

お問い合わせ

所属課室:山梨県産業労働部労政雇用課

〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1

電話番号:055(223)1561

ファックス番号:055(223)1564

メールアドレス:rosei-koy@pref.yamanashi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?