トップ > 組織から探す > 林業振興課 > ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について

更新日:2014年1月9日

ここから本文です。

ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について

林野庁が行った全国各地の木質ペレット及びペレットストーブの燃焼灰セシウム濃度に関する調査の中間報告が公表され、汚染状況重点調査地域の一部検体においては、8,000Bq/kgに近い燃焼灰が検出されていること、また、火力を大きくして長時間燃焼した場合、燃焼灰の放射性セシウム濃度が高くなる傾向が見られたとのことです。

ペレットストーブを使用されている皆さまには次の点を十分に留意されるようお願い致します。

木質ペレットを、強くかつ、長く燃焼させると、灰の放射性セシウム濃度が高くなる傾向にあるので、このようなことを避け、灰をなるべくこまめに回収するようにしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部林業振興課 担当:木材流通・バイオマス担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1653   ファクス番号:055(223)1679

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について