山梨県警察 > 交通安全 > 交通規制 > 必要性の低下した信号機の合理化(撤去)について

更新日:2021年10月1日

ここから本文です。

必要性の低下した信号機の合理化(撤去)について

梨県警察では、交通の安全と円滑を図るため、必要性の高い場所に信号機の新設を進めているところですが、その一方で必要性の低下した信号機については、順次、合理化(撤去)を進めております

号機の合理化の具体例としましては、

  • 小学校の統廃合等により通学路のルートから外れた押しボタン信号機
  • バイパス道路の新設により、交通量が著しく減少した道路の信号機
  • 一時停止標識で代替が可能な一灯点滅式信号機

などについて、撤去を検討しております。

た、信号機に代わる安全対策として、一時停止や横断歩道などの交通規制を行うとともに、県や市町村といった道路管理者と協議を行い、目立つ路面表示などの検討も進め、交通事故の防止を図っていきます。

号機の撤去に際しましては、地域の方々の理解を得ながら、より安全な交差点となるように諸対策を推進していきますので、御理解と御協力をお願いします。

 

お問い合わせ

山梨県警察本部交通規制課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)