山梨県警察本部 > 交通安全 > 交通規制 > 環状交差点(ラウンドアバウト)の通行方法

更新日:2016年3月29日

ここから本文です。

環状交差点(ラウンドアバウト)の通行方法

山梨県初の環状交差点(ラウンドアバウト)が、南巨摩郡富士川町鰍沢地内の「富士川病院」付近に設置されました。

環状交差点(ラウンドアバウト)って何でぇ?

両の通行する部分が環状の平面交差点で、道路標識により車両がその部分を「時計回り(右回り)」に通行することが指定されているものをいいます。

交差点イメージ

交差点イメージ

 

標識

標識

環状交差点を通行する時は?

環状交差点を通行するとき

  • あらかじめできる限り道路の左端に寄り、徐行して進入してください。
  • 環状交差点内は、「時計回り(右回り)」に通行し、できる限り環状交差点の側端(外側)に沿って徐行しなければなりません。

車両の優先関係は?

  • 車両の優先関係環状交差点内を通行している車両等が優先です。
  • 交差点内を通行する車両等の進行を妨げてはいけません。
  • 環状交差点に入る時は、方向指示器による合図をする必要はありません。
  • 環状交差点に入る際、一時停止規制はありません。

環状交差点を出る時は?

環状交差点を出るとき

  • 出ようとする出口の手前の出口を通過したときに、左側の方向指示器で合図して左折します。
  • 環状交差点に入った直後の出口を出る場合には、交差点に入ったときに、左側の方向指示器で合図して左折します。
  • 方向指示器は、交差点を出るまで合図を継続しなければなりません。

歩行者に注意を!

歩行者に注意

環状交差点に入ろうとするときや、環状交差点内を通行するときは、道路を横断する歩行者などに特に注意し、できる限り安全な速度と方法で進行しなければなりません。

自転車での通行方法

自転車で環状交差点を通行するときも、車と同じように「時計回り(右回り)」に通行し、できる限り環状交差点の側端(外側)に沿って徐行しなければなりません。

交差点の場所

お問い合わせ

山梨県警察本部交通規制課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)