ここから本文です。

安全運転管理者

 安全運転管理者の選任が必要な事業所

安全運転管理者(道路交通法施行細則第9条の8)

  • 自家用自動車を5台以上使用する事業所(50ccを超える自動二輪車は1台を0.5台として計算)
  • 乗車定員11人以上の自家用自動車を1台以上使用する事業所
  • 自動車運転代行業者

副安全運転管理者(道路交通法施行細則第9条の11)

  • 自家用自動車を20台以上使用する事業所(1~19台は不要、20~39台は1名、以下20台ごとに1名必要)
  • 自動車運転代行業者は10台ごとに1名必要(1~9台は不要、10~19台は1名、以下10台ごとに1名必要)

 安全運転管理者の業務と責務

基本業務(道路交通法施行規則第9条の10)

  • 運転者の適正等の把握
  • 運行計画の作成
  • 運行日誌の備付けと記録
  • 点呼・日常点検による安全運転の確保
  • 危険防止のための交替運転者の配置
  • 異常気象時等の安全運転の確保
  • 運転者の安全運転指導

公安委員会が行う講習を受講すること(道路交通法第74条の3第8項、同法第108条の2第1項第1号、同法施行規則第38条第1項)

  • 講習は年1回(6時間)

自動車の運転手に対し、次の違反を下命又は容認しないこと(道路交通法第75条第1項)

  • 無免許運転
  • 最高速度違反
  • 酒酔い・酒気帯び運転
  • 麻薬等運転、過労運転
  • 無資格運転
  • 積載制限違反
  • 放置駐車違反

公安委員会から説明を求められた場合に、必要な報告と資料を提供すること

 安全運転管理者の資格要件

安全運転管理者

  • 20歳以上(使用自動車が20台以上の事業所では30歳以上)
  • 運転管理経験が2年以上
  • 過去2年以内に一定の違反行為をしていない(一定の違反行為については欠格事由を参照)

副安全運転管理者

  • 20歳以上
  • 運転管理経験が1年以上又は運転経験が3年以上
  • 過去2年以内に一定の違反行為をしていない(一定の違反行為については欠格事由を参照)

欠格事由

  • 公安委員会の解任命令により解任された日から2年を経過していない
  • 過去2年以内に一定の違反行為をした
  1. ひき逃げ
  2. 酒酔い運転、酒気帯び運転、麻薬等運転、無免許運転
  3. 酒酔い運転、酒気帯び運転者への車両・酒類の提供
  4. 酒酔い運転、酒気帯び運転車両への同乗
  5. 酒酔い運転、酒気帯び運転、麻薬等運転、過労運転、無免許・無資格運転、最高速度違反運転、積載制限違反運転、放置駐車違反の下命・容認
  6. 自動車使用制限命令違反

 安全運転管理者の選任・解任に必要な書類

安全運転管理者等法定講習会開催日程表

日程表(PDF:128KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。