更新日:2017年7月11日

ここから本文です。

「3H」推進中

山梨県警では、「早めのライト点灯」、「ハイビームの活用」、「反射材の使用」の「3H」の推進による交通事故防止に取り組んでいます。

3H推進中(JPG:130KB)

「早めのライト点灯」

いわゆる薄暮時間帯は、ドライバー、歩行者双方からお互いが発見しにくい時間帯となり、例えば歩行者が車を見落としたまま道路を横断することにより交通事故に遭うことも考えられます。

日没前の早い時間帯に前照灯をつけましょう。

早めのライト

点灯の目標時間

1月 午後4時30分 4月 午後6時 9月 午後5時
2月 午後5時 5~7月 午後6時30分 10月 午後4時30分
3月 午後5時30分 8月 午後6時 11~12月 午後4時

前照灯自動点灯機能がある場合は、「オン」に。

「ハイビームの活用」

 

道路交通法上、前照灯は「ハイビーム(上向き照射)が原則」、車両のすれ違い時には「ロービーム(下向き照射)」とすることとされています。

ロービーム(下向き照射)は、前方40メートルを照射するのに対して、ハイビームは100メートルまで照射が可能ですので、いち早く歩行者を発見することによってその動きに注意を払うことができ、歩行者事故防止に有効です。

ハイビーム

「反射材の使用」

夜間歩行時、車のライトを効果的に反射する反射材を身体や持ち物に着用することは、ドライバーからいち早く発見してもらうという観点からも重要です。

歩行者は自ら光ることにより、ドライバーにその存在をアピールして事故防止に努めてください。

反射材

反射材の使用に関するアンケート結果については、山梨県のホームページをご覧ください。

反射材大使

県内各地のかわいいご当地キャラクターに「反射材大使」を委嘱しました。

今後、キャラクターたちは反射材のPR活動を行います。

反射材大使」をクリックするとキャラクターをご覧いただけます。

YouTubeにも動画を掲載しています。右の図をクリック➡

お問い合わせ

山梨県警察本部交通企画課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)