更新日:2020年10月7日

ここから本文です。

熊による山岳遭難について

各地で熊の目撃や熊の襲撃による山岳遭難が発生しています。

熊よけの鈴やホイッスル等の携行をお願いします。

熊ガオー

下記は、熊の襲撃等による山岳遭難になります。

山岳遭難の発生状況

発生

年月日日

場所

性別

年齢

負傷状況

概要

R2

9.10

大菩薩・道志山系

(鶏冠山)

69歳

負傷

登山中、熊に襲われるも、自力下山していたが、他のパーティーを通じて救助要請。(県防災ヘリ「あかふじ」が救助)

R1

5.12

大菩薩・道志山系(都留市大幡地内)

68歳

負傷

雑木林をハイキング中、親子の熊と遭遇し、左腕等を噛まれ負傷したことから、救助要請。

H29

7.28

大菩薩・道志山系

(狩場山)

42歳

負傷

トレイルラン中、2頭の熊と遭遇し、同熊に左腕等を噛まれ負傷したことから救助要請。

H28

6.12

八ヶ岳

(赤岳)

53歳

16歳

なし

なし

下山中、熊と遭遇し行動不能となり救助要請。(県警ヘリ「はやて」が救助)

熊の特徴

聴覚

小さな音でも聞き分ける。

嗅覚 犬のようにわずかな臭いを嗅ぎ分ける。
優れた運動能力 時速40Km以上で走る。水泳が得意で、木に登ることもできる。
行動時間 朝、夕に特に活動的になる
その他

木登り、穴掘りのために強い力と鋭い爪がある

熊に出会った時の対処法

  • 遠くに熊がいることに気が付いたとき

落ち着いてその場から離れましょう。

熊を驚かすので、大声を出したり、走って逃げるのはやめましょう。

写真を撮るためフラッシュを使うのも止めましょう。

  • 近くに熊がいることに気が付いたとき

落ち着いてゆっくりとその場から離れましょう。その際、熊に背を向けずに、熊を見ながら、ゆっくり落ち着いて後退してください。

  • すぐ近くで出会ったとき

慌てた人の急な動作で驚いて、攻撃してくることがあるので、冷静に、慌てず、熊が立ち去ってからその場を離れましょう。

突発的に襲われたら、両腕で顔や頭をガードして、大怪我を避けましょう。

  • 子熊に注意

近くに必ず母熊がいます。母熊は子熊を守るために、特に攻撃的になりやすいです。

お問い合わせ

山梨県警察本部地域課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)