山梨県警察 > 暮らしの安心情報 > 暴力団・拳銃・薬物 > 山梨県警察街頭防犯カメラシステム

更新日:2019年9月9日

ここから本文です。

山梨県警察街頭防犯カメラシステム

目的

梨県警察では、甲府市中心街と石和温泉街の2地域に街頭防犯カメラシステムを設置し、平成29年2月1日から運用を開始しました。

の街頭防犯カメラシステムは、犯罪の予防と被害の未然防止を図るため、公共空間に防犯カメラを設置し、撮影した画像を管轄する警察署にデータ送信し、これを記録するものです。

設置地域・台数について

 

  • 甲府市中心街9

カメラ台数

甲府警察署

甲府市丸の内一丁目

4台

甲府市中央一丁目

1台

甲府市中央四丁目

3台

甲府市相生二丁目

1台

 

防犯カメラ設置の状況

防犯カメラ設置の状況

  • 石和温泉街8

カメラ台数

笛吹警察署

笛吹市石和町川中島

4台

笛吹市石和町八田

3台

笛吹市春日居町国府

1台

 

 

表示板

表示板

運用について

厳格な運用

頭防犯カメラシステムは、山梨県警察が設置する街頭防犯カメラシステムの運用に関する規程(PDF:62KB)及び山梨県警察街頭防犯カメラシステム運用要領に基づき、次のような厳格な運用をしています。

  • 総括責任者の管理の下、個人の権利を不当に侵害しないように慎重を期しています。
  • 防犯カメラの設置箇所を表示板により明示しています。
  • 街頭防犯カメラシステムの運用状況について

半年に一度、山梨県公安委員会に報告

半年に一度、県警察のホームページに掲載して公表

します。

具体的運用方法

  • 運用責任者が指定した操作担当者だけが、街頭防犯カメラシステムを操作することができます。
  • 画像記録は、ハードディスクに記録され、厳格な管理の下、原則14日以内の期間、保存されます。
  • 保存期限が過ぎた画像記録は、自動的に上書き保存され、消去されます。
  • 画像記録を必要とする警察署長等は、犯罪捜査等のために必要がある場合に画像記録を閲覧し、提供を受けることができます。

街頭防犯カメラシステム運用状況

画像データの利用件数(平成31年2月1日から令和元年7月31日までの間)

街頭防犯カメラ設置場所 運用開始日 カメラ台数 利用件数
甲府市中心街(甲府警察署) 平成29年2月1日~ 9台 18件
石和温泉街(笛吹警察署) 平成29年2月1日~ 8台 22件

 

主な活用事例

  • 窃盗事件
  • 暴行・傷害事件
  • 道路交通法違反事件
  • 山梨県暴力団排除条例違反事件

過去の運用状況

1 平成29年2月1日~平成31年1月31日

 

街頭防犯カメラシステムに関するアンケート

のアンケートは、令和元年7月に暴力団排除特別強化地域で、暴力団排除ローラーを実施した際のアンケート結果をまとめたものです。

街頭防犯カメラシステムに関するアンケート(PDF:559KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山梨県警察本部組織犯罪対策課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)