山梨県警察 > 県警察について > 訓令・通達等 > 次世代育成支援対策推進法及び女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく特定事業主行動計画の策定について

更新日:2019年7月26日

ここから本文です。

次世代育成支援対策推進法及び女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく特定事業主行動計画の策定について

梨県警察においては、次世代育成支援対策推進法に基づき、「育メンと職場環境づくり推進プラン~女性職員の活躍のために~(山梨県警察特定事業主行動計画)」を策定し、次世代育成支援対策を推進してきました。
計画は、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律が平成28年4月1日に施行されたことを踏まえ、旧取組計画を見直し、同法に基づく特定事業主行動計画を盛りこみ、新たに計画を策定しました。

1動計画の名称

山梨県警察におけるワークライフバランス等推進のための取組計画

2画の目的

(1)全ての職員がやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、個人の時間を持てる健康で豊かな生活が送れるよう、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を実現する取組を推進する。

(2)子育てをする職員が仕事と子育ての両立を図ることができるよう職場全体で支援する職場づくりを推進する。

(3)全ての女性職員がその個性と能力を発揮し、活躍できる職場づくりを推進する。

3画期間

平成28年4月1から平成33年3月31日までの5年間

4画の数値目標

(1)子育て支援計画表の作成率100%
(2)配偶者出産休暇を3日取得する男性職員の割合100%
(3)男性職員の育児参加休暇を5日取得する割合100%
(4)育児休業等を取得する男性職員の割合13%
(5)職員一人当たりの年次有給休暇の取得日数13日
(6)警察官の中で女性警察官が占める割合10%

全文はこちら⇩

山梨県警察におけるワークライフバランス等の取組計画(山梨県警察特定事業主行動計画)(PDF:198KB)

女性活躍推進法に基づく取組状況の公表(PDF:141KB)

ワークライフバランスの実現に向けた幹部研修会の開催

女性職員の活躍促進と全職員がやりがいや充実感を持って働くことができる職場環境を構築するため、平成28年6月16日、県警幹部職員約100名を対象としたワークライフバランスの実現に向けた職場づくりに関する研修会を開催し、その冒頭、前田警務部長が「イクボス宣言」を行いました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山梨県警察本部警務課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)