山梨県警察本部 > 暮らしの安心情報 > 詐欺 > 電話詐欺被害に遭わないための対策!!

更新日:2017年8月7日

ここから本文です。

電話詐欺被害に遭わないための対策!!

電話詐欺被害に遭わないための対策

自宅の固定電話に出るときの鉄則

  • 出る前に必ず「相手の電話番号」を確認すること
  • 常に警戒心を持って出ること
  • お金の話」が出たら、詐欺だと考えること
  • アポ電等で「お金の話」を受けたら直ぐに110

(直ぐに行動せず、必ず、周りの人や警察、市役所、金融機関などに相談すること。)

家族を含め全員に知っていただきたい、実行していただきたい事項

  • 電話詐欺の具体的な手口を知る
  • 「電話番号通知サービス」の利用
  • 「非通知」を「着信拒否」に設定
  • ATM振込利用限度額の引き下げ
  • 「ふじ君安心メール」に登録
    やじるしなぜこのような対策が必要なのでしょうか

電話詐欺被害者アンケート結果

平成28年に電話詐欺の被害に遭った方62人にアンケートを実施しました。

電話詐欺被害者のアンケート結果害者のうち92%が「電話詐欺被害に遭わないという自信があった」と回答しています。(内訳「とても自信があった」…45%「自信があった」…39%「少しあった」…8%)

  • 犯人はだましのプロ→迫真の演技で本当のことのように様々な手口で話す
  • 誰もが、電話の話だけで嘘か本当か見極めるのは困難

やじるし

私は大丈夫」と思っているあなた!他人事ではありません!!

電話詐欺のアポ電(予兆電話)の特徴

県内では、多数の電話詐欺のアポ電が毎日のように確認されています。

  • 高齢者宅の自宅の固定電話にかけてくる
  • 電話番号を表示させない「非通知」でかけてくる
  • インターネット電話(IP電話)を使い、「03」「0120」などで始まる電話番号からかけてくる
  • 「070」「080」など携帯電話からかけてくる
  • 海外を経由させていると考えられる「4桁」「5桁」の数字が表示される番号からかけてくる

実際には、本人はアポ電にだまされたものの、金融機関職員の声掛けなどによって、被害が未然防止された阻止事案が被害件数を上回っているのが現状です。

やじるし

あなたやあなたの御家族が、いつ被害に遭ってもおかしくないのです!

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

山梨県警察本部生活安全企画課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)