山梨県警察 > 交通安全 > 歩行者の交通事故防止 > 道路横断中の歩行者事故防止

更新日:2018年11月22日

ここから本文です。

道路横断中の歩行者事故防止

運転者の皆様へ

  •    横断歩行者に近づくときは、歩行者がいないか確認し、停止できるような速度で走行しましょう。
  •    横断しようとする人や横断中の人がいたら、車は横断歩道直前で一時停止して、歩行者の通行を妨げないようにしましょう。
  •    横断歩道の手前の直前で停止している車がいたら、その車の横を通過してその前方に出る前に必ず一時停止しましょう。
  •    横断歩道とその手前から30メートル以内の場所では、他の車を追い越したり、追い抜いたりしてはいけません。
  •    薄暮・夜間においては、歩行者をいち早く発見するために早めにライト点灯するとともに、ハイビームを効果的に活用しましょう。

早めのライト点灯、点灯目安時刻

     1月    16:30      7月    18:30
     2月    17:00      8月    18:00
     3月    17:30      9月    17:00
     4月    18:00    10月    16:30
     5月    18:30    11月    16:00
     6月    18:30    12月    16:00

 

 

 

 

 

 

 

※詳細な規定は除いて掲載しています。

※横断しようとする人や横断中の人がいるのに、一時停止しなかったり、歩行者の通行を妨害すると、横断歩行者妨害の違反となります。 

  • 罰則:3月以下の懲役または5万円以下の罰金(過失犯は10万円以下の罰金)
  • 違反点:2点
  • 反則金:大型車12,000円、普通車9,000円、二輪車7,000円、原付車6,000円

歩行者の皆様へ

  • 近くに横断歩道があるときは、横断歩道を渡りましょう。
  • 横断開始前に、左右の安全を確認しましょう。
  • 道路横断中も車などが来ないか、左右の安全を確認しましょう。
  • 薄暮・夜間においては反射材を使用しましょう。

 

お問い合わせ

山梨県警察本部交通企画課 
住所:〒400-8586 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(221)0110(代表)