トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展 > 冬季企画展「笛吹市の出土品Ⅲ─仏教の伝来と文字─」

更新日:2022年11月9日

ここから本文です。

冬季企画展「笛吹市の出土品Ⅲ─仏教の伝来と文字─」

県立考古博物館では冬季企画展「笛吹市の出土品Ⅲ─仏教の伝来と文字─」を開催いたします。

笛吹市は石和町・御坂町・一宮町・八代町・境川村・春日居町の合併により、平成16年10月に誕生しました。市内には旧石器時代から近代に至るまで、数多くの遺跡が存在します。

今回の展示では古墳時代から平安時代までの遺跡から出土した資料を中心にご紹介するとともに、甲府盆地北東部地域の歴史における笛吹市の位置づけを考えます。

また、会期中は当館学芸員による展示解説なども開催いたします。ぜひ展示のご観覧と合わせてご参加ください。

皆様のご来館をお待ちしております。

来館されるお客様へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、入館前の検温やマスクの着用等、感染防止対策へのご協力をお願いしております。ご来館前に必ず次のページをご確認いただくとともに、感染予防にご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

展示ご案内

会期

令和4年12月10日(土曜日)~令和5年1月22日(日曜日)

会期中の休館日

月曜日(令和5年1月2日、9日は開館)、令和4年12月29日(木曜日)~令和5年1月1日(日曜日)、1月10日(火曜日)~15日(日曜日)

会場

県立考古博物館・企画展示室
山梨県甲府市下曽根町923(GoogleMap

観覧料

無料
ただし、常設展をご覧いただく場合は常設展観覧料が必要です。

常設展観覧

一般・大学生の方:220円(20名以上の団体は170円)
未就学児、小・中・高校生、65歳以上の方は無料です。

主催

山梨県立考古博物館

共催

釈迦堂遺跡博物館、笛吹市教育委員会

主な展示品

画像:甲斐国分寺跡出土・鬼瓦
甲斐国分寺跡出土・鬼瓦(展示は複製)

画像:狐原遺跡出土・墨書土器
狐原遺跡出土・墨書土器

の前古墳出土品、平林2号墳出土品、釈迦堂遺跡出土品、寺本廃寺出土品、川田瓦窯跡出土品、国府遺跡出土品、横畑遺跡出土品、甲斐国分寺跡出土品、甲斐国分尼寺跡出土品、金山遺跡出土品、上土器遺跡、長谷寺寺域内出土品、温湯遺跡出土品、松原遺跡出土品、大原遺跡出土品、狐原遺跡出土品、瑜伽寺旧寺域内出土品、前付遺跡出土品、他

関連イベント「企画展ギャラリートーク」

当館学芸員が展示についてより詳しく解説いたします。ぜひ展示のご観覧と合わせてご参加ください。

開催日時:令和4年12月17日(土曜日)午前10時~、午後1時30分~

会場:県立考古博物館・企画展示室

お問い合わせ

県立考古博物館

〒400-1508甲府市下曽根町923

電話:055-266-3881
FAX:055-266-3882

受付時間:午前9時~午後5時
休館日:毎週月曜日(令和5年1月2日、9日は開館)、12月29日(木曜日)~令和5年1月1日、10日(火曜日)~15日(日曜日)

令和4年12月29日~令和5年1月1日の間は、年末年始の休館となります。また令和5年1月10日~15日の間は館内整備等により休館いたします。休館中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について