トップ > 組織から探す > 観光文化部 > 山梨県立考古博物館 > 特別展・企画展 > 秋季企画展「縄文土器のものがたり」 > おうちde土器のものがたり5「把手に込められた意味」#1

更新日:2020年10月16日

ここから本文です。

おうちde土器のものがたり5「把手に込められた意味」#1

県立考古博物館では、秋季企画展「縄文土器のものがたり」をご自宅でもお楽しみいただけるよう、「おうちde土器のものがたり」と題して、展示の内容をご紹介してまいります。第5回のテーマは「把手に込められた意味」です。

画像:一の沢遺跡出土・深鉢形土器
一の沢遺跡(笛吹市)出土・深鉢形土器と把手の配置
画像を拡大(JPG:1,666KB)

一の沢遺跡から出土した土器はヒトの顔にイノシシの体が結合した装飾(奥)・ヘビ(左)がつけられていますが、手前と右側にも把手があったと考えられます。ヒトの顔にイノシシの体が結合する表現は釣手土器にも確認されます。把手の配置をまとめると右図の様になります。

画像:志木市西原大塚遺跡出土・深鉢形土器
埼玉県志木市西原大塚遺跡出土・深鉢形土器
画像を拡大(JPG:1,649KB)

埼玉県志木市西原大塚遺跡から出土した土器はヒト(奥)・ヘビ(手前)・イノシシ(左右)の4つの装飾がつけられており、それぞれが向き合うように配置されています。ヒトとヘビはイノシシよりも大きく、イノシシは抽象化されています。把手の配置をまとめると右図の様になります。

一の沢遺跡と西原大塚遺跡は定型化されたヒト・動物表現を用いながらも、配置や大きさが異なります。この土器表現には、縄文人が理解できる内容が記号化されていると推測できます。おそらく、縄文人に口承として伝えられた神話・物語の登場人物が配置されているのではないでしょうか。

本展では、埼玉県志木市西原大塚遺跡は解説パネルのみの紹介となります。(実物資料は展示していません)

お問合せ

県立考古博物館・学芸課

電話:055-266-3881
FAX:055-266-3882

受付時間:午前8時30分~午後5時
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055(266)3881   ファクス番号:055(266)3882

広告スペース

広告掲載について