トップ > 組織から探す > 都留児童相談所 > 里親になりませんか?

更新日:2012年3月6日

ここから本文です。

里親になりませんか?

あなたを必要としている子どもたちがいます

 

子どもは、親の深い愛情につつまれて、家族で心身共にすこやかに育つことが望まれています。しかし、さまざまな事情により、自分の家庭で生活することができない子どもたちが数多くいます。こうした子どもたちを家族の一員として迎え入れて、家庭的な雰囲気の中、深い愛情と理解を持って育ててくださる方を「里親」といいます。

今、子どもたちがすこやかに育つために、あなたの家庭を求めています。

里親の要件等

里親の要件

・里親を希望する人及びその同居人が欠格事由(*)に該当しないこと。

・経済的に安定していること。(親族の場合を除く)

*欠格事由について

里親の欠格事由は、児童福祉法第34条の19に定められており、里親

希望本人が成年被後見人や被保佐人、児童虐待を行った

者ではないことなどがあります。

その他 里親として望ましいこと。

・心身ともに健康であること。

・子どもの養育について理解と熱意と愛情を持っていること。

里親の養育費負担

子どもとの生活費、教育費、医療費などが支給され、万一子どもが事故あった場合などの補償もあり

ます。里親の種別によっては、里親手当が支給されます。

 

里親になるまでの手続き

児童相談所へ相談→里親申請書の提出→研修の受講(基礎研修・認定前研修)

→児童相談所による家庭訪問調査→県社会福祉審議会で審議→認定・登録

 

子どもの紹介から委託まで

1委託の検討

児童相談所は、子どもを里親へ委託する場合、その子にふさわしい里親との組み合わせを検討します。

2紹介

児童相談所は、委託候補の子どもの状況などについて、里親候補者に説明します。

3面会

紹介を受けた里親は、委託候補の子どもと面会を行います。

4外出・外泊

子どもが里親と面会等ですごす時間に不安を感じなくなった時点で、子どもとの外出や外泊を行います。

5委託

里親宅に外泊を重ね、里親と子どもとの関係に問題がない場合、正式に委託をします。

6委託解除

家庭引き取り、満年齢(18歳)、養子縁組成立などの理由により委託が解除となります。

里親として

里親には里親として守るべき基準(里親が行う養育の最低基準)があります。具体的には子どもへの虐待の禁止、義務教育のほか必要な教育を受けさせること、健康管理、秘密の保持、記録の整備や県への報告などがあります。

里親会について

里親制度の普及や里親同士の親睦などを目的とした里親を会員とする組織として、「山梨県きづな会」の活動があります。里親交流会やふれあいキャンプ事業等、会員同士の交流や研修会を行うなど、里親としての資質向上や相互援助のための大事な役割を担っています。

里親に関する相談

里親制度に関心のある方、里親になりたい方は、お近くの児童相談所へお問い合わせください。

◎中央児童相談所

〒400-0005 甲府市北新1-2-12 TEL 055-254-8618

 ★管轄地域

甲府市、山梨市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、笛吹市、甲州市、中央市、

南巨摩郡、市川三郷町、昭和町

◎都留児童相談所

〒402-0054 都留市田原3-5-24 TEL 0554-45-7838

 ★管轄地域

富士吉田市、都留市、大月市、上野原市、南都留郡、北都留郡

◎山梨県児童家庭課

〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1 TEL 055-223-1457

このページに関するお問い合わせ先

山梨県子育て支援局都留児童相談所 
住所:〒402-0054 都留市田原3-5-24
電話番号:0554(45)7835   ファクス番号:0554(45)7836

広告スペース

広告掲載について