更新日:2013年12月25日

ここから本文です。

ブドウ 黒とう病

  • 葉、新梢、巻きひげ、果房などに発病する。葉では褐色の小斑点が現れ円形病斑に拡大する。
  • 新梢、葉柄、巻きひげなどの病斑は、円形黒褐色の小斑点で、しだいに拡大してへこんだ楕円形病斑となる。
  • 幼果に発病するとはじめ黒褐色、のちに中央部が灰白色、周辺部が鮮紅色の陥没した病斑になる。

budou_kokutou1

円形黒褐色の葉の病斑

budou_kokutou2

中央部が灰白色に陥没した新梢の病斑

budou_kokutou3

幼果に発病した黒褐色の病斑

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部総合農業技術センター(病害虫防除所) 
住所:〒400-0105 甲斐市下今井1100
電話番号:0551(28)2941   ファクス番号:0551(28)2963

広告スペース

広告掲載について