○山梨県警察官被服及び代料支給規則

昭和三十七年三月二十六日

山梨県公安委員会規則第一号

山梨県警察官被服及び代料支給規則

(被服代料)

第一条 山梨県警察官支給品及び貸与品条例(昭和二十九年山梨県条例第四十五号。以下「条例」という。)第二条第一項ただし書きの規定により支給する代料(以下「被服代料」という。)は月額一、〇八〇円とする。

(昭四〇公委規則二・昭四九公委規則一・昭五〇公委規則一・昭五一公委規則二・昭五三公委規則五・昭五四公委規則三・昭五五公委規則二・昭五六公委規則二・昭五七公委規則二・昭五八公委規則六・昭五九公委規則四・昭六〇公委規則五・昭六一公委規則三・昭六二公委規則三・平元公委規則四・平二公委規則二・平三公委規則三・平四公委規則六・平五公委規則四・平六公委規則二・一部改正)

(私服代料)

第二条 条例第二条第二項の規定により、制服の着用を要しない特別の勤務に服する者に支給する代料(以下「私服代料」という。)は、月額二、三七〇円とする。

2 前項の制服の着用を要しない特別の勤務に服する者の範囲は、別に警察本部長が定める。

(昭三九公委規則二・昭四一公委規則三・昭四八公委規則三・昭四九公委規則一・昭五〇公委規則一・昭五一公委規則二・昭五三公委規則五・昭五四公委規則三・昭五五公委規則二・昭五六公委規則二・昭五七公委規則二・昭五八公委規則六・昭五九公委規則四・昭六〇公委規則五・昭六一公委規則三・昭六二公委規則三・平元公委規則四・平二公委規則二・平三公委規則三・平四公委規則六・平五公委規則四・平六公委規則二・一部改正)

(使用期間の計算)

第三条 条例第一条の規定による支給品の使用期間の計算は、次表のとおりとする。

支給品名

使用期間

月数

始期

終期

冬帽子

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合帽子

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

夏帽子

四月

六月一日

九月三十日

冬活動帽子

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合活動帽子

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

夏活動帽子

四月

六月一日

九月三十日

冬服

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合服

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

夏服

四月

六月一日

九月三十日

冬活動服

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合活動服

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

防寒服

六月

十一月一日

翌年四月三十日

冬ワイシャツ

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合ワイシャツ

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

冬ネクタイ

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合ネクタイ

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

冬活動ネクタイ

四月

十二月一日

翌年三月三十一日

合活動ネクタイ

四月

四月一日

五月三十一日

十月一日

十一月三十日

2 前項以外の支給品は、それぞれ条例に定める使用期間とし年間を通じて使用するものとする。

(平六公委規則二・平六公委規則一四・一部改正)

(代料の支給期日)

第四条 被服代料及び私服代料(以下「代料等」という。)は、毎月給料支給日に支給する。

(代料等の支給計算)

第五条 代料等の支給計算は、それぞれの事由が始まつた月から起算し、終わつた月までとする。

(代料等の支給停止)

第六条 休職、停職、療養及び待命を命ぜられる等その期間が全月にわたるときは、その月の代料等は支給しないこととする。

附 則

1 この規則は、昭和三十七年四月一日から施行する。

2 山梨県警察官被服等の代料支給規則(昭和二十九年山梨県公安委員会規則第六号)は、廃止する。

附 則(昭和三九年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和三十九年四月一日から適用する。

附 則(昭和四〇年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十年四月一日から適用する。

附 則(昭和四一年公委規則第三号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十一年四月一日から適用する。

附 則(昭和四八年公委規則第三号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十八年四月一日から適用する。

附 則(昭和四九年公委規則第一号)

この規則は、昭和四十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和五〇年公委規則第一号)

この規則は、昭和五十年四月一日から施行する。

附 則(昭和五一年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五三年公委規則第五号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和五十三年四月一日から適用する。

附 則(昭和五四年公委規則第三号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和五十四年四月一日から適用する。

附 則(昭和五五年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五六年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五七年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五八年公委規則第六号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五九年公委規則第四号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六〇年公委規則第五号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六一年公委規則第三号)

この規則は、昭和六十一年四月一日から施行する。

附 則(昭和六二年公委規則第三号)

この規則は、昭和六十二年四月一日から施行する。

附 則(平成元年公委規則第四号)

この規則は、平成元年四月一日から施行する。

付 則(平成二年公委規則第二号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成三年公委規則第三号)

この規則は、公布の日から施行し、平成三年四月一日から適用する。

附 則(平成四年公委規則第六号)

この規則は、公布の日から施行し、平成四年四月一日から適用する。

附 則(平成五年公委規則第四号)

この規則は、公布の日から施行し、平成五年四月一日から適用する。

附 則(平成六年公委規則第二号)

この規則は、平成六年四月一日から施行する。

附 則(平成六年公委規則第一四号)

この規則は、公布の日から施行する。

山梨県警察官被服及び代料支給規則

昭和37年3月26日 公安委員会規則第1号

(平成6年10月14日施行)

体系情報
第13編 察/第2章 務/第2節 人事、装備
沿革情報
昭和37年3月26日 公安委員会規則第1号
昭和39年6月18日 公安委員会規則第2号
昭和40年7月15日 公安委員会規則第2号
昭和41年5月5日 公安委員会規則第3号
昭和48年4月16日 公安委員会規則第3号
昭和49年3月25日 公安委員会規則第1号
昭和50年3月27日 公安委員会規則第1号
昭和51年4月1日 公安委員会規則第2号
昭和53年4月17日 公安委員会規則第5号
昭和54年3月31日 公安委員会規則第3号
昭和55年4月1日 公安委員会規則第2号
昭和56年4月1日 公安委員会規則第2号
昭和57年4月1日 公安委員会規則第2号
昭和58年4月1日 公安委員会規則第6号
昭和59年4月2日 公安委員会規則第4号
昭和60年4月1日 公安委員会規則第5号
昭和61年3月26日 公安委員会規則第3号
昭和62年3月23日 公安委員会規則第3号
平成元年4月1日 公安委員会規則第4号
平成2年4月1日 公安委員会規則第2号
平成3年4月8日 公安委員会規則第3号
平成4年4月2日 公安委員会規則第6号
平成5年5月13日 公安委員会規則第4号
平成6年3月31日 公安委員会規則第2号
平成6年10月14日 公安委員会規則第14号