トップ > 県政情報・統計 > 行財政・行政改革・合併・地方分権 > 県税・ふるさと納税 > 県税 > 平成26年1月から、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます。

更新日:2012年10月26日

ここから本文です。

平成26年1月から、記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます。

個人の白色申告者のうち、前々年あるいは前年分の事業所得、不動産所得又は山林所得の合計額が300万円を越える方に必要とされていた記帳と帳簿書類の保存が、これらの所得を生ずべき業務を行う全ての方(所得税の申告の必要がない方を含みます。)について、平成26年1月1日から同様に必要となります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について(国税庁ホームページ)

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部税務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1386   ファクス番号:055(223)1390

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について