English

ホーム > 展示案内 > ジュエリーのいろは -【は】“流行り”とジュエリー-

ここから本文です。

ジュエリーのいろは -【は】“流行り”とジュエリー-

ジュエリーのいろは 「ジュエリーのいろは -【は】“流行り”とジュエリー-」

 会 期:2016年10月22日(土)-2017年2月13日(月)

 休館日:火曜日

 展示室:山梨ジュエリーの今

 

 

 

 

 

 

同時開催

「やまなし国際ミネラル&ジュエリーショー2016」関連展示

「双晶-山梨大学所蔵百瀬コレクションを中心に-」

 会 期:2016年10月22日(土)-2016年10月30日(日)

 休館日:火曜日

 展示室:ジュエリーをかたちづくるもの

山梨県庁防災新館1Fやまなしプラザ・甲府市役所にて2会場同時開催される「やまなし国際ミネラル&ジュエリーショー2016」(10月29日(土)~30日(日))にあわせ、山梨大学所蔵百瀬コレクションおよび山梨県立宝石美術専門学校所蔵コレクションより希少な「双晶」を中心とした鉱物を展示します。

 

「ジュエリーのいろは -【は】“流行り”とジュエリー-」関連展示

「昭和20年代から現在へ-古くて新しいジュエリーの山梨」

 会 期:2016年10月22日(土)-2017年2月13日(月)

 休館日:火曜日

 展示室:企画展示

戦後山梨では、アメリカなど海外向けの輸出品や土産品需要に応えるかたちでジュエリー産業が復興し、美しい色ガラスや半貴石の華やかなジュエリーが生産されていきました。山梨ジュエリーミュージアムに寄贈されたこれらのコレクションから、時を経ても新たな魅力を放つジュエリー約30点を展示します。

展示概要

山梨県のジュエリー産業では、日本を代表するジュエリー産地として、最高品質のファインジュエリーだけでなく、一般にも受け入れられるような価格帯でありつつ一定のクオリティーを保った製品を、時代ごとの流行のデザインを採り入れながら供給してきました。
繊細なゴールドの曲線や幾何学的な形態により構成されたモチーフジュエリー、あるいはカラーストーンをあしらった女性らしさを引き立てるジュエリーは、トレンドを意識しながらも、ずっと身に着け続けることが出来る普遍性と上質さもあわせ持っています。
これまで3 回にわたって取り組んできた企画展「ジュエリーのいろは」の最終回となる本展覧会では、“ふだんのわたし” に寄り添うジュエリー約40 点を、秋から冬にかけてのファッションとともに展示します。
トレンドが反映されたファッションを、より上質に、より自分らしく仕上げるためのジュエリーを、ウインドーショッピングをするようにご覧ください。

主な展示作品

光新宝飾ネックレス

ネックレス
制  作:株式会社光新宝飾

Happy7Colors

《Happy 7 Colors》ペンダント
制  作:株式会社工房グリーム 

Graceful Color

《Graceful Color》ペンダント
制  作:株式会社工房グリーム

 

フリージアピアス

ピアス
制  作:有限会社フリージア

イノウエピアス

ピアス
制  作:株式会社イノウエ

光新宝飾リング

リング
制  作:株式会社光新宝飾

ページの先頭へ戻る